【葛飾北斎展】浮世絵の天才 葛飾北斎 冨嶽三十六景  世界が認めた天才の作品を見に行ってきた

葛飾北斎展

No Art No Life
人生に芸術は必要だ
何百年も前に書かれた絵、書を見て、音楽を聴いて、これからの人生に少しの彩りを与えましょう
どうも!
@to_sky_blueです

このブログに何度か書いているように、私は美術鑑賞という趣味があります
現代アートではなく、いわゆるクラシックなアートが好きです

そんな訳で、今回九州国立博物館まで葛飾北斎展を見に行ってきました

私、浮世絵を初めて見ましたが、昔の日本人や西洋の人が集めたいと思った気持ちが凄い分かります
私も集めたいと思いました

1800年代に書かれた絵(※浮世絵だから刷られたが正しいですね)が2022年でも見られるという奇跡を是非感じてみて欲しいです

NO Art No Life 葛飾北斎展に行ってきた

先ほど書きましたように、私は浮世絵を見るのが初めてです
その初めて見る浮世絵が葛飾北斎というのはなんと幸せものなのでしょうか
浮世絵といえば葛飾北斎ですよね

あの有名な冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏が目の前で見られるという幸せな時間でした
冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏

浮世絵だからですが、意外と小さいなって思いました
まあ確かに西洋の絵のような大きさではないのは想像していましたが、意外とコンパクトでしたね

でも、小さな絵の中に収まりきらないほどの世界観
天才って言う言葉は彼の為にあるのか、というぐらい絵(浮世絵)からのパワーが凄かったです
荒れ狂う波を一瞬だけ切り取る、そこの着眼点が凄い
(※この浮世絵に影響を与えたと言われる絵がありましたが、エネルギーはやはりこちらが上でした)

で、今回初めて葛飾北斎の作品を見たわけですが、私の中での発見がありました

それは肉筆でも絵が上手いってこと!

 葛飾北斎の天才性 毎日絵を描く

いや、浮世絵を書いているので絵は上手いですよね
恥ずかしながら「浮世絵師」としか知らなかったのでそういう絵をしか描いていないと思ってました

浮世絵だけでなく、実は美人画も描いているんですね
美人画って歌川広重ってイメージでしたが、その歌川広重に葛飾北斎は影響を与えていたようです

天才は天才に影響を与えるんですね

で、私的には凄いって思ったのがこの絵です

IMG 0627

IMG 0623

絵も凄いんですが、ほぼ毎日1枚を1年以上書いていたようです
1日1枚、1年以上!です

このような絵が200枚以上残っていて、今回その全てが飾られていました
もうね、圧巻という言葉しか見つからなかったです

日新除魔図 文化遺産オンラインより引用:

北斎は83歳を迎えた天保13年(1842)から翌14年にかけて、「日新たに魔を除く」ことを願い、ほぼ毎朝、獅子や獅子にゆかりのある人物などを日課として描いた。注文に応じて制作した作品とは異なり、画家本人が厄除けのために描くという非常にプライベートな性質の資料・・・

これ、83歳の時に書いている絵なんです
しかも毎日ですよ
83歳って・・・今の時代でも結構よぼよぼ(失礼)の人もいますけど、元気すぎじゃないのか

でも職人や芸術家って、80代でも元気な人がいるので、そういう職業や趣味を持っている人が元気な理由はこれかもですね

それを差し引いても、このレベルの絵を1日1枚って恐ろしいほどの才能ですね

世界で最も知られた日本人絵師・葛飾北斎。『画狂老人卍』 – 森カズオ | 活版印刷研究所より引用:

翁 死に臨み大息し 天我をして十年の命を長らわしめば といい暫くして更に言いて曰く
天我をして五年の命を保たしめば 真正の画工となるを得べし と言吃りて死す

これは、葛飾北斎が臨終の際に遺した言葉だといわれているもの。「死を目前にした翁(北斎)は大きく息をして『天があと10年の間、命長らえることを私に許されたなら…』と言い、しばらくして、さらに、『天があと5年の間、命を保つことを私に許されたなら、本物の画工になり得たであろう…』とたどたどしく言いながら死んだ」ということらしい。

あと5年
あと5年長く生きていたらこの葛飾北斎の才能はどこまで伸びていたのだろう

歴史に「if」はありませんが、その夢をみるのも楽しいことですね

期間中、福岡に来られることができるのであれば、少し足を伸ばして太宰府天満宮を見て、九州国立博物館で葛飾北斎展
オススメです!

一つ耳よりな情報をお伝えします
今回の葛飾北斎展ですが、会期中に作品の展示替えを行います

音声ガイドは1台650円
会期中2回行くので650円×2台=1,300円

今回はアプリでも音声ガイドがあるようで、今回の葛飾北斎展は730円
会期中2回行こうと思っている方は、アプリで聴いた方がお得です
係の人に聴いたら内容はどちらも同じようです

関連コンテンツ表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在福岡に在住の44才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き