ほぼ日手帳 本革カバーはこれで決まりでしょう! 安くてしかも質がいい本革カバー

ほぼ日手帳


さて、手帳をつかっていますか? 
ビジネスマンたるもの、小物はいいものを持ちたいものです。 
手帳が小物?かどうかは別として手帳の話をしましょう
どうも!@to_sky_blueです

ビジネスマンたるもの・・・と書いていますが、私は文房具マニアなのでいいものを持ちたいと思っています。
でも内勤の人は別として外で人にあうお仕事の人は意外と使っている文房具を見られていますね

カミングアウト(?)している文房具マニアだけではなく、していない文房具マニアって結構多いんです
とりわけ手帳にこだわる!ってひとも多いですね

そういう人にアピールをすると話のきっかけになって、営業もうまくいくかも(?)しれませんよ

ほぼ日手帳で本革カバーをつかって高級感をアピール

いや、別に高級感ではなくてもいいんですが、アピールできると話のきっかけが作りやすいです

ここ7〜8年ほどクオバディスを使っていたんですが、今年はを使い始めました。

ちなみに「ほぼ日手帳」は「ほぼにちてちょう」と読むのを知っていました?
わたしはてっきり「ほぼひ」手帳だとずーっと思っていました(;゚ロ゚)

ほぼ日手帳は、本体(手帳部分)とカバーの組み合わせで、毎年使っても飽きがこない文房具マニアにとっては素敵な仕様ですよね

純正のカバーもいいですが、いかんせん値段が高い・・・んです

いわゆるサードパーティーだとお安く本革カバーが手に入れられるんです

ほぼ日手帳の本革カバーはこの一択

でもいいんじゅやないかなと思ったりします。

それがこちら

ビジネスレザーファクトリーの本革カバーです

私は赤を買いました。
赤が好きなので、赤があるときには選んでいます
男がもっていても問題はない赤色です

ほぼ日手帳 本革カバー

しおりが2本あるので、1本は月別、1本は日別に挟んでいます
1本より2本あればやっぱり使い心地がいいですね

ほぼ日手帳 本革カバー

しおりの拡大写真です
革紐部分がいい味をだしていて、好きな感じです

ほぼ日手帳 本革カバー

ビジネスレザーファクトリーの本革カバーは安い!!

なぜ安いかというと国外生産をしていてバングラデシュでつくっているようです

いろいろ探しましたが、ほぼ日手帳のカズン用の本革カバーは、軽く1万円オーバーが主流価格帯です
だいたい1万5千円ぐらいが中心ですね

でもこのビジネスレザーファクトリーのほぼ日手帳本革カバーは6,000円でおつりがきます
安いでしょ?

多くのメーカーは国内生産をしてやはり人件費が高いので仕方ないですね
国内、国外の違いはありますが、仕上がりには満足しているので、いわゆるコスパがよい商品となります

お気に入りの手帳カバーでつかっているので、開くたびに優越感(笑)

私が買ったほぼ日手帳は1月始まりでしたが4月始まりもあるので、新社会人のかたはどうですか?

いろいろ探した結果、この商品を購入して非常に満足しています!

関連コンテンツ表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き