梅雨、台風、秋の長雨 雨の季節対策 雨でも快適にいられる靴とコートで雨の日を乗り切ろう

雨の日でも快適に出歩くにはゴアテックス素材を探す

雨の日に出歩くのは憂鬱です
服も靴もビチャビチャに濡れちゃうから 
どうも!@to_sky_blueです

風がなく雨がシトシト降っているだけならいいんですけどね
ちょっと風があると途端に外に出たくない

まさに晴耕雨読ですよ
晴れた日には畑を耕し、雨が降れば家で本を読む

そんな生活をしたいけど、さすがに会社勤めだと難しいですよね(^_^;

であるならば雨が降っても快適になるようなものを探せば良いだろうということで探してみました
これを書いているのは梅雨の真っ只中ですが、これから台風の季節もあります
参考にしてみてくださいね

雨に濡れても快適なグッズ  ゴアテックス素材を選ぶべし

最初から結論をいうとゴアテックス素材を探せばなんとかなります

もうこれ以上書かなくても良いんじゃないかという潔さからスタートです(笑)

まず始めにゴアテックス素材って何?の説明からです

ゴアテックス – Wikipediaより引用:

ゴアテックスは、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE、テフロン)を延伸加工したePTFEフィルムとポリウレタンポリマーを複合化して作る。1969年にボブ・ゴアが、PTFEを用いた低コストなシールテープを作るための実験の中で、押し出しPTFEを急速に大きく延伸させることに成功した。 1平方センチメートルに14億個の微細な孔を含む。その最大の特徴は、防水性と透湿性を両立させていることにある。つまり、水蒸気は通すが雨は通さない。

ウィキペディアから引用しましたが、ここで大事なのは最後の一文です
「水蒸気は通すが雨は通さない。」

雨は通さないけど蒸れもしない、ってことですね
これだけ覚えれば大丈夫です
さてこのゴアテックス素材を使っている素材には必ずこのマークがついています

GORE TEX®は何からできてるか知ってる 今さら聞けない素材のウラガワを潜入取材してきました HYAKKEI ドットヒャッケイ



(GORE-TEX® ファブリクス)を使用している製品にはこのマークが必ずついています
GUARANTEED TO KEEP YOU DRY(あなたのドライを保証します
製品を作っているメーカに変わって、ドライを保証しているんです

ここまで言い切れる素材、それがGORE-TEX® ファブリクス です

雨の日は「ゴアテックス素材」を選ぼう

雨の日は何はなくともですよね
靴が濡れると歩くのが億劫になります。。。

安心して下さい!
レディース用のレインシューズもあります
スーツにもあうし、カジュアル感もあります

なんとコンバース オールスターにゴアテックス モデルがあったんですね

安定のノースフェイス

こういうビジネスでもOKなものもあります

もちろん女性用もあります

安定のポーターもありますね
これぐらいだったらビジネスでもOKですね

と、まあゴアテックス素材っていろいろありますね
これがあるのとないのでは雨の季節を乗り切れるのか、乗り切れないのかが変わります
ぜひ探してみて下さいね!

Amazonはこちらから

楽天はこちらから

関連コンテンツ表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き