寝苦しい・・・寝ても疲れがとれないのはエアコンの温度が低すぎるから!

夏は疲れが取れない エアコンの温度調整をして快適に眠る

今年の夏は何でこんなに暑いのか
もう40度越え、記録更新のニュースが驚かなくなってしまったぐらい暑い
で、その暑さにまいっていませんか?
寝ても疲れが取れなかったら、エアコンの温度が低いのかもしれません
どうも!@to_sky_blueです

毎日暑いですね、という言葉を2018年の夏の季語に認定しても良いじゃないかというぐらい毎日暑い

しかも夜が寝苦しく、ここ福岡では夜でも30度を下回らない
(いっぽう北海道だと夜は20度を下回っているというのに。。。)

さて、夏の夜の寝苦しさってどうしていますか?

①耐える
②扇風機で我慢する
③エアコンをガンガンつける
④エアコンを適度な温度に調整してつける

さてどれを選びましたか?

夏の疲れは夜のエアコンのせいかもしれません

さてさて、上の中でどれを選びましたか?

①②だと今年の殺人的な暑さだと熱中症になってしまう可能性もありますね

熱中症って外だけでかかるものではないことを覚えておいてください
高齢者の方が家の中で熱中症にかかるのはこのパターンです

「エアコンをつけるやつはたるんでる」
「エアコンをつけるともったいない」
「エアコンつけると電気代がかかるし・・・」

と思ってつけないようですが、逆に高くつくんですよね

一泊2日の入院で7万円ぐらい請求されたり(保険が効かないし、高額医療の還付対象外!)、腎臓が悪くなって一生透析が必要になたり・・・

目先だけを考えず、長い目でみなきゃいけないですね

そういう私は北海道出身なのでエアコンをつけて寝るともったいないって思うんですが、今年の夏はやっぱり別ですね
ちゃんとエアコンをつけてねます

しかし、本州以南に住んでいる北海道出身者にとって過ごしにくい夏です(^_^;

さて夜はエアコンをつけてねるのがいいと書いているので③④が該当します
温度を下げてガンガン冷やすか、適度な温度がいいのかどちらがいいのでしょうか

これ、北海道出身者は必見の内容です

こたえは適度な温度がよくて、ガンガン冷やすのはオススメしません

エアコンはガンガン冷やすと気持ちがいいけど・・・

そう、冷えていると気持ちいいんですよね
寝付きが良くなる気もしますし

エアコンをつけたまま寝ると朝だるい理由 熱帯夜対策を再考する(西多昌規) – 個人 – Yahoo!ニュースより引用:

睡眠中は、深部の体温が放熱する傾向にあるため、体温が冷えやすくなる。睡眠中に汗をかいていれば、汗の蒸発によりますます体温が奪われる。起きていればタンスから上着を探すのであろうが、睡眠中は行動も制限されている。薄着のままいやおうなしに冷気に晒され体温が下がってしまうことが、だるさの要因として考えられる。

たしかに部屋が冷えてると寝付きがいいんですけど、そのまま寝てしまうと体が冷えてしまうので翌朝ダルいんです

ちょっと古いデータですど、寝るときの温度設定です
これを見るとけっこうバラツキありますね
プロが教えてくれる 暑くて寝苦しい夏の夜 正しいエアコン活用法とは 世界睡眠会議

上のグラフにも書いていますが、エアコンの最適温度って25度以下だと冷えすぎなんです
(気持ちが良いけどね)
最適温度は26~28度です

夜寝る時はエアコンの温度を26~28度に設定

エアコンの最適温度は26~28度と覚えて起きましょう

この温度が翌朝スッキリ起きられる温度になります。
ものは試しです
今晩試してみましょう

翌朝すっきり起きられます

でも、寝苦しいんだけど・・・ってこともありますよね

寝る時は26~28度に設定したほうがよく朝すっきりはわかった、でも寝苦しい場合はどうしたらいいのか?

それはちょっとしたコツがあるんです

寝る前の部屋を冷やして快適にする

寝ている時、ではなくて寝る前の部屋の温度をかえれば良いんです

具体的には

  • 寝る前の部屋を冷やして、寝る時は温度を適温にする
  • 扇風機・サーキュレーターで部屋の空気を循環させる

この2つだけでOKです!

①寝る前の部屋を冷やして、寝る時は温度を適温にする
寝ている時にエアコンをつけると体が冷えすぎるけど、起きている間は別に大丈夫です
しっかり部屋の温度を下げて、寝る時は26~28度まであげましょう

②扇風機・サーキュレーターで部屋の空気を循環させる
しっかり部屋を冷やしたけど段々と暑くなるし・・・というかたは、扇風機とサーキュレターを使ってみて下さい
部屋の空気を循環させるだけで、暑さが和らぎますよ
コツは自分の体に向けず、壁とかエアコンの送風口に向けこること
自分の体に当てると体を冷やしてしまうので、エアコンの温度を適温まで上げた効果がゼロになっちゃいます

エアコンの温度を適温()にあげる、扇風機・サーキュレーターで部屋の空気を循環させる事に気をつけて快適に眠りましょう

あとですね、水循環マットっていう敷くマットがどうやら流行っているらしいです
冷たい水をマットに流すことでマットを冷やして快適にするっていう仕組みです
これがあれば、夏は快適ですね! 
チェックは下記のボタンからどうぞ~



関連コンテンツ表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き