自分を冷静に落ち着かせる言葉 three sides to every story 相手の立場で考えてみよう

Thinking 272677 1920


ここ数年で「炎上」という言葉が一般化した 
誰でも世界に対して言葉を発することができる世界 
それはそれでいいんだけど、炎上って何か悲しいね
どうも!@to_sky_blueです

ひょっとしたら私は時代の転換点にいるんじゃないのかな?と本気で思う事がある

時代の進歩といったらそれまででなんですけどね
10年前と今じゃすごい開きがあります

その一つがSNS
自分だけ思っていた事を世界に向けて発信!
いいことですよね

でもね、その発言に対して無責任な発言が多いなと感じます

落ち着いて考える three sides to every story

there are three sides to every story

この言葉を知っています?

私のブログを辿った事がある人ならこれ?って思うかもしれません

あっていると言えばあっているし、あっていないと言えばあってない
いや合っているか

このThere are three sides to every storyという言葉を知った切っ掛けが、このExtream Ⅲ sides to Every Story というアルバムでした

いまでも覚えているのが、このアルバムの解説でヌーノが話していた言葉です
ヤングギターにこのアルバムについてのインタビューが載っていました
実はこのアルバムはあるコンセプトを元に作られているアルバムです

物事の側面には3つの側面がある
、そして客観的な立場の3つだ。
このアルバムはそのコンセプトに沿って作られた

でした。

そしてこちら

3 SIDES TO EVERY STORY – TWISE EPIPHANY : photoblogより引用:

「There are three sides to every story」という表現を知っていますか?これはジョセフ・アディソンという18世紀のイギリスの詩人の『The Spectator』という作品の中で使われたもので、「すべての事には3つの側面がある」という意味です。ひとつは「私の側(my side)」、もうひとつは「あなたの側(your side)」、そして最後は「本当の側(the right side)

EXTREMEは好きですし、もちろんこのアルバムも好きです
名盤ですね

それよりも心に響いているのは、このthere are three sides to every storyでした

もうね、この言葉を大事にすればネットの上の炎上って1/3は起きないんじゃないだろうか

物事を落ち着いてみるということ

SNSって不思議ですよね
ツイートに対して脊髄反射的に、否定的な意見をのっけてしまえる

それって対面じゃ絶対言わない、言えないよね?っていう言葉を平気で呟いちゃう

まるで自分がヒーローになった気分で、相手を貶める言葉を呟いちゃう

でもちょっと待って 
あなたはその人の事をどれだけ知っているの?
自分が正義だと思っているの?
そういう見方、捉え方があるのか!って思ったりできないの?

物事を落ち着いて見るってそういうことでしょ

なんだかお山の大将でさも鬼の首を討ち取ったみたいなのって、見ていてあまり気持ちが良いものではないです

自分の立場と相手の立場と客観的な立場で考えられれば、冷静になれますよ

まあ、冷静になれないから余計な一言的に呟いちゃうんでしょうけど。。

物事を冷静に捉えるために心がけていること

そこで、です

私も聖人君子ではないので、いろいろ思うこともあります 
たまにはムカついたり、暴言を吐きたくなったりします

そんな時はこのthere are three sides to every story
自分の立場、相手の立場、客観的な立場があるんだぞ、落ち着けよ
って心の中で思うんですね

トラブルが起きたときもそうです
中にはトラブルが起きた?なんで起きた!って怒鳴り散らす人いるじゃないですか

怒鳴って物事解決するんですかね?
そんな時間があったら、冷静にその場を見て的確な指示をだせば早く解決するじゃないですか

そこで思うのがthere are three sides to every storyです

私は怒るという感情が苦手じゃなくて、怒ることによって冷静にいられない自分が嫌なんですよね

自分は自分、他人は他人
自分と他人は絶対イコールにはならないですし、十人十色って言葉あるぐらい 
自分と違う多様な価値観があるから、三人寄れば文殊の知恵って言葉もあります

自分の意見を持って相手の考えを許容し冷静に捉えれば、自分じゃ考えつかないような考えって見つかるんじゃないですかね

SNSって悪い側面だけじゃなくて、リアルで知り合える人数以上の人と繋がれるのが良いところじゃないですか
人間って大体の人は一つコミュニティ(会社・学校)から離れて新たなコミュニティに飛び込むのは勇気がいりますよね 
私もその一人

でもSNSって実際に会ってはいないけど、いろんな考えに出会える場所なので使い方を間違えなければいい場所だと思います

きっといまは転換点なんだろうなと思うのはそんなこと
炎上が段々と無くなって、議論が出来る場所になればいいのにね

ぜひ覚えてください
there are three sides to every story
少しだけ相手に寛容になれる言葉です

って、和尚さんの説教的な結びになりましたが(^_^;

そんなに人に怒って人生楽しいのかな? 
この本を読んでみて、少し立ち止まるのもおすすめです

関連コンテンツ表示

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き