雨の日にランニングをするべきなのか考えてみた

Runnning race

暦の上ではもう10月
あと3ヶ月で今年も終わり・・・
そんな中ダイエットの為のランニングをしています
どうも!@to_sky_blueです

秋晴れの中を走るのは気持ちいいですね
雲が高いところにあって、湿度が低くなったからなのか空までの透明度が高い気がします
でも、そんな秋晴れの日だけでは無く、やっぱり雨降りもあります
そこで、あえて雨降りでも走る必要があるのか考えてみました〜

雨の日にランニングをするべきなのか??

Thumb IMG 5334 1024

できれば毎日こういう天気であって欲しい・・・
まあ、そうすると作物が育たなくなるので、それだとまずいですね(^_^;

やはり雨が必要です(←当たり前)
雨降りでも走ることは必要ですかね??

個人的に雨の日のランニングが嫌な理由はというと・・・

  • 雨に濡れるのが嫌だ!
  • 風邪をひくからいやだ
  • そもそもモチベーションがあがらない・・・

になるわけです
でもこれって解消できないかを考えてみました

雨に濡れるのが嫌だ、を解消するには?

そもそも私は濡れることが異常に嫌です
髪の毛がくせ毛なので濡れると天然パーマが全開に(^_^;
そんな理由から濡れるのが大嫌い

でも、この理由は走るときは帽子(キャップ)を必ずかぶるし、そもそも汗をかくので、まあいいか

服が濡れるのも嫌です

服は防水性のウエアを着ればいいですよね

こういうのとか

中にはこういうを履けばいいいと思っています

個人的にNikeも好き

これで、・撥水・寒さ対策はできますよね

問題は靴なんですよね
これが長年の課題

雨の日には防水性の靴をはけばいいんじゃない?

そう、防水性の靴を履けばいいんですよね
防水性と言ってもゴム長靴じゃいかんですけどね
以前ネットを探しましたが、あまりいいのが見つからないので諦めていましたが、久しぶりに探したらいいのが見つかりました

いろいろ探したころ、なんでも素材はゴアテックスというのがいいらしい

GORE-TEXの基礎知識をまとめてみた – OutdoorHack(アウトドアハック)より引用:

W. L. Gore and Associates社が開発した防水透湿性素材、ならびにその商標名。

注:防水透湿の生地全般をGORE-TEXと呼ぶわけではありませんからね。間違えちゃやーよ。

ここで「防水透湿」という言葉ですが、言い換えると「水は通さないが水蒸気は通す」というもの。この性質をもった素材(薄くてペナペナした膜みたいなヤツ)をGORE-TEX Membrane/ゴアテックスメンブレン(以下メンブレン)といって、これがGORE-TEX生地の中心的な役割を担っています

水は通さないけど、水蒸気を通すと言うことは、そう、「蒸れない」ってことです!
願ったり叶ったりですね

靴の中が蒸れたりするとモチベーションが下がりまくりますしね

探していると結局はこの2つに絞られるようです

まず一つは アシックスのGT2000のG-TX

おすすめの防水ランニングシューズまとめ | ランニングシューズの選び方より引用:

雨の日用の防水ランニングシューズとして最もおすすめなのが、アシックスのGT2000のG-TX。防水透湿性に優れたゴアテックスをアッパーの内部前面に使用しているため、雨水の侵入を防ぎつつもランニングシューズ内のムレは外に逃がしてくれる特徴をもった高機能防水ランニングシューズです。

商品名に付けられたオールロードという名前の通り、濡れたアスファルトの上はもちろんのこと、砂地などでも優れたグリップ力を発揮するアウトソールになっています。

お、これはなかなかいいですね
私の理想的な機能です(^_^)

もう一つはこれ

おすすめの防水ランニングシューズまとめ | ランニングシューズの選び方より引用:

絶対に足元が濡れるのは嫌だ!というランナーには、トレイルランニングシューズ以外にも雪上ランニングのためにつくられたスノーランニングシューズという選択肢もあります。このタイプのランニングシューズを使えば、まずシューズの中が濡れて気分が悪いという現象はありません

私は絶対濡れるのが嫌、なのでどちらかというとこちらですかね 
ほんとに濡れるのが嫌(^_^;
雪道用というのがあったんですね
あれ、ひょっとしたら一足もっているかも・・・

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア

あら、これで雨の日にランニングをしたくない理由が解消されちゃいました

で結局、雨の日のランニングをするべきなのか?

いろいろ考えていると、したくない理由は解消できました
これで自分に言い訳ができなくなって、やらざるを得ないです(^_^;

もしマラソンとかのレースに出る人にとっては、やはり雨の日のランニングはすべきみたいですね 
晴れている日にだけレースをするわけじゃなく、やはり雨の日のレースもあります

雨の日のコンディションって、晴れ日のとまた違ったコンディション作りが必要です
ぶっつけ本番でできるのか?って問題も。

そういった意味では、雨の日のレースに備えてという意味で是非とも雨の日でもランニングをすべきだですね

なぜ、マラソンレースを考えたのかというと、ひょんな事からマラソンレースに参加する事になったから。
今までは雨の日は「雨がふっているからランニングは休み」と、自分勝手に理由をつくって雨の日ランニングは止めていました

言い訳をつくっていたってことです

でもこれからは言い訳ができず、雨の日ランニングをしなきゃ、です(^_^;

体重もいい感じで落ちてきているので、このままモチベーションを保ちつつランニングを続けたいなと思っている次第です

ランニングって体重が落ちてくると身体が軽くなるので走りやすくなりますねぇ

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア

関連コンテンツ表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き