Amazon vs GALAPAGOS vs Reader vs楽天 電子書籍の未来は? 現状はコンテンツ不足…

Kindle comingsoon thanks gw D JP 470x260 V144137061

今年は本当に「電子書籍元年」なんでしょうか?ちょっとやきもきしている@to_sky_blueです

楽天が電子書籍端末を発売したり、AmazonがKindleを発売するので、にわかに盛り上がっているのかな?とは思いますが、そこんところどうなんでしょうね?

先行しているシャープの「GALAPAGOS STORE」とソニーのリーダー「Reader Store」を比較してみます
いろんな条件があるので、一概には言えませんが、「数」だけでの比較をすることにします。

  • 書籍   43,030点
  • コミック 20,164点
  • 書籍   35,180点
  • コミック 19,891点

うーん、こんなもんなんでしょうか?

iPadがでた時期あたりに結構盛り上がっていたようですが、全然少ないっていうのが印象ですね
やっぱり日本のメーカーがコンテンツを売るのは難しいんですかね?

日本の企業って、なんでも「自社」でやりたがるのが多い気がします。

全く違う異業種の分野に取り組もうとしているのに、そんな異業種に詳しく、ノウハウをもった優秀な才能がある人が自社にいるんですかね?

例えば外部からヘッドハンティングをした場合、その「ヘッドハンティングをされた人」が、目的に沿った全般の知識を持っているんでしょうか?

例えばネットのサービスを立ち上げるとすると、WEB周りの知識のようにシステム周りだとか、契約関係だとか、もろもろのノウハウを持っているのか?
役員クラスであれば、部下が全部セッティングして、決済をもらうだけのような気がします
それが上席の人の役割だから仕方ないですね
もちろん「idea」は持っているでしょう。
でも、その人は「idea」を持っているが、じゃあ招かれた方の会社のメンバーはそれについてこれるの??

その点外国企業は、うまいですよね
ノウハウをもった企業を買収してどんどんサービスを強化していく
例えば、googleもAppleも、マップサービスを提供していますが、純粋な自社開発ではない(はず)
一つの企業のideaを取り込んで、ブラッシュアップを行って、新しいサービスを提供する、それが新サービスになるわけです
必要であれば、複数の企業を買収してideaをさらに昇華していきます。
AppleのiTunesやiPodだって、元はといえばアメリカのスタートアップ企業のideaだった(はず)

そんなことを考えると、日本発のサービスはなかなか根付かないんだなと思います
もちろん、買収をした方がいいとかするなとかいう方法論ではなく、ideaを幅広く取り入れる素地があるのか?
日本のいわゆる大企業は、大企業病を患っていると感じています。。。。

アマゾンと楽天、電子書籍端末発売へ 国内市場、活気づくか (1/2) : J-CASTニュース
定点観測:「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(6月29日編) (1/2) – 電子書籍情報が満載! eBook USER

関連コンテンツ表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き