憧れのギターメーカー ギブソンが倒産寸前の様子 なんとか復活して欲しい(切実)

ギター


ギターを弾いている人にとっては憧れのメーカーが倒産寸前のようです
どうも!@to_sky_blueです

昔は超購入品だったフェンダーとギブソン
有名なギターリストが使っているので、初心者ながらも憧れたものです

そのギブソンですが、どうやら倒産寸前の様子・・・
なんとか持ちこたえて欲しいです

ギターリスト憧れのメーカー ギブソンが倒産寸前

古くはレッドツェッペリンのジミー・ペイジ
エリック・クラプトンはクリーム時代にサイケデリックなSGを使い
ブルースに傾倒したゲイリー・ムーアはレスポール

ミスターギブソンといえばガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュ
B’zの松本はシグネチャーモデルを発売しています

いい音楽には良い楽器で奏でられています

そんなスーパーギターリストのそばにはいつもギブソンががありました

そのギブソンが倒産寸前という衝撃的なニュースがありました

ギブソン、倒産する可能性があることが報じられる | NME Japanより引用:

そのギブソンについて『ナッシュヴィル・ポスト』は次のように報じている。「年間10億ドル(約1060億円)以上の収入のある、ナッシュヴィル拠点のこの楽器メーカーが直面している状況は正常とはかけ離れています。CFOのビル・ローレンスは1年を経たずして会社を離れており、6ヶ月後には3億7500万ドル(約400億円)の担保付き上位債が支払期日を迎えます。それに加え、2013年に借りたこの債権が7月23日までに解消されない場合、さらに1億4500万ドル(約155億円)の銀行ローンも支払期日を迎えるのです」

あのギブソンが・・・

いや、ほんとに衝撃です

もう何年も前からやばいらしいという噂はでていましたが、はっきりニュースになるのは衝撃です

まあ、いまギター売れないんですよね
日本ではバンドブームではないですし、世界的にみても超強烈的なバンドもないのでブームになるほどではないし。
なんせギターってちゃんと弾けるようになるまでに相当時間がかかることも売れない理由なんでしょう

ギターの弾き始めの時は指先の皮がめくれ、Fコードを押さえられず、右手と左手のタイミングがあわず・・・という苦労を通り越した人だけが弾きこなせる境地に達します(おおげさだけど)

ある程度弾けるようになるまでは人によって違いますし挫折しやすい趣味でしょうね

でもギターメーカーは、買ったもらいたいので質の悪い木を使って安いギターをつくる 
そのギターを弾いても感動がないから次の1本とはならず・・・

ギターに関しては、安かろう悪かろうがぴったりと当てはまります
1万円のギターはベニヤを重ねただけとかね
ボディがならないのでやっぱりいい音はせず。。。

あのギブソンでも品質を無視して質に悪いギターを生産しているようです
ギターと言えばという代表的なギターメーカーだっただけに悲しいですが、起業の戦略だから仕方ないですね
(投資会社が株主になると質よりも利益ですからね)

うーん、なんとか持ちこたえて、質の良いギターを作り続けて欲しいものですね

関連コンテンツ表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き