[MUSIC]アメリカの思い出 アルバートリー(Albert lee)

アメリカ時代の思い出です。

最近はなぜかアメリカ時代の思い出を思い出す@to_sky_blueです。

最近は英語の夢を見るようになりました。
やっぱり心の中では戻りたいって思っているんだと思います。。。

さて、今回はalbert leeです

私はカントリーギターリストという認識をしていますが、Eric Claptonと一緒にされていたみたいですね。

この人を知るきっかけは、たまたま行ったライブハウスだった記憶があります。
もう16年ぐらい前なんで記憶が定かではありませんが、たしか友人に連れてってもらったはず。

この人目当てっていうわけはないんです。
たまたま連れて行ってもらったっていうのが、運命か?
友人は誰目当てだったか忘れましたが

当時ROCKしか聞いてなかったので、新鮮でした。
留学していてよかったのが、いろんなジャンルの音楽を聴けるようになったこと

この人も持ち味はやっぱりチキンピッキングと、開放弦を織り交ぜた早いフレーズ、あとベンディングでしょうか
早弾きももちろんしていて、ビッキングの位置はどちからというとブリッジよりですかね?

歪んでいない音でここまでクリーンに弾くのは、そうとう難しいですね。
一時期(今も?)ポールギルバートが、ソロタイムでボリュームを絞って音をカリカリにして弾いていましたが、そんな感じ。

この一曲を聴いてぶっとびました
いつかはこんな風に弾いてみたいです


関連コンテンツ表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き