人生に迷いが生じたら読む本 夢をかなえるゾウ4 生きるためには、を教えてくれる

夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神 水野敬也 日本の小説 文芸 Kindleストア Amazon


おもしろかった!
勉強になった!
そして号泣!!!
どうも!@to_sky_blueです

ふと、人生に疲れたらこの夢をかなえるゾウシリーズの本を手にします
つい、先日夢をかなえるゾウ3を読み終わったばかりですが、発売されたばかりの夢をかなえるゾウ4を読みました

感想は上に書いた、おもしろかった!、勉強になった!、そして号泣!!!!です

人生に迷ったら、夢をかなえるゾウ4

前回の夢をかなえるゾウ3は、ハッピーエンドで終わったので、今回もハッピーエンドーで終わると勝手に思って手にしたんです

そうしたら・・・まあ、これもハッピーエンドとはいうのかな・・・
予想を裏切る結末でした

物語は、家族を愛する普通の会社員が余命3ヶ月を宣告されてしまうところからストーリーが始まります

私も余命宣告ほどではないですが、ガンの告知のようなものを16歳の時に受けました
告知のようなものといっても、ほぼ告知なんですが、将来遺伝性のガンになることの告知を受けています
実際その4年後、腫瘍が大きくなりあと1歩遅かったらガンになっていたところで発見できています

16歳のときに将来的な見通しを医者から宣告されたから、アメリカに行く、アメリカの地を踏むのだ、という夢を持ち、そしてかなえました 
ただ帰国した21歳のときに大きな手術を受けて、全世界的なミュージシャンになることをあきらめて、普通の会社員で今に至る。
(あのときにミュージシャンの道を進んでいたら全世界的なミュージシャンになっていたと思いますが・・・とは思うものの今生きていなかっただろうな。。。)

スティープ・ジョブズのもし今日死ぬとしたら何をすべきか、ってのがよくわかります

 

・・・っていう背景があるので、この主人公には結構感情移入して本を読み進めていきました

夢をかなえるゾウ 現実は厳しい・・

小説のなかですが、あえて「現実はきびしい」と。

生きている以上、「死」というのは平等に訪れます
そういえば、時間も平等ですよね

どんなに偉大な人でも、どんなに時代のヒーローだとしても、あなたの好きな人も、あなたの嫌いな人も、あなたも、そして私も等しく、死は訪れます

これは避けられることのない事実

秦の始皇帝など不老長寿の薬を求めた人は枚挙に暇がありません。
(※始皇帝が実在したかと言われれば・・・どうなんでしょうね?)

If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?

これはスティープジョブズの有名な言葉です 
もし今日が最後でもあなたはそれをするのか?=本当に必要な事なのか?

今際の際で「ジタバタして死ぬのが嫌だ!」とわめくのか、「幸せな人生だった、思い残すことはない」
どちらかがいいのか悪いのかの問題では無く、あなただったらどちらを選択するか

私なら「幸せな人生だった、思い残すことはない」というほうを選択するかな

まさしく、そのことが書かれている本です

のように死にたいですね

死は逃れられないものだから整理をつける

でも、やっぱり直面をすると怖いんだろうな、と思います。
私は人よりは「未来の死」に直面をしていますが、それでも怖い

愛する人、がいるのならなおさらでしょうね

自分自身の生き方、そしてこれからをどう過ごしていくか 
そんなことを考えさせられた1冊の本です

1〜4は順番に読むのがいいのでないですかね

ただ、一つ言えるのは4は号泣必須だということ

もう歳だから涙腺が緩いんでしょうか
途中からに展開に引き込まれ、そして目は本から離すことができず、その目にはどんどん溢れました

最後まで読んだときには喪失感からの、未来への一歩を踏み出す勇気がでました

何気ない日常を過ごしている日と、ちょっと心に風邪をひいているひと、そして全ての人におすすめします

1〜3が延べ400万人読んでいる事実がそこにあります

関連コンテンツ表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在福岡に在住の44才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き