睡眠時無呼吸症候群 寝ても疲れがとれない、昼間ものすごく眠たくなるので調べてみたらその5 マウスピースその後

睡眠時無呼吸症候群になってマウスピースをつけてねたらあごが痛くなった


睡眠時無呼吸症候群の診断がおりて、マウスピースを作りました
さっそくその夜からつけて寝て、翌朝起きたらとんでもないことが起きました・・・
どうも!@to_sky_blueです

翌朝はスッキリ目覚められたんですよ
それこそここ数年で一番スッキリ起きられたのかもしれませんが・・・
起きたら辛かった

それはあごの痛みがあったからです

マウスピースをつけて寝て、起きたら顎が痛い それは合っていない可能性

マウスピースが合っていない可能性があります!

ちなみに、たぶん慣れが必要なんだろうなと思ってそのまま5日間つけていたんですが、毎朝痛くなって日中痛みが減って、翌朝痛みが大きく。
痛みが蓄積して日増しに痛くなって、あごを開けないぐらい痛くなって奥歯で食べ物を噛めないぐらいに痛く・・・

で、素直に歯医者に連絡をとりました

症状を伝えると「マウスピースが合っていないのでつけて寝るのは控えてください。作り直しましょう」との回答でした

歯医者でマウスピースの作りなおし 料金は掛かるのか?

さて歯医者の予約をしたものの、ちょっと引っかかったのが費用面。
またマウスピースの作成費用がかかるのか?ってことでした。

前回は1万ぐらい掛かったので、また痛い出費だなと思いましたが背に腹はかえられません
マウスピースをつけて寝て起きた時の爽快感といったら、幸せなぐらい疲れが取れていたので。

ドキドキしながら歯医者へゴー

そしてまた歯の型取り

そしてお会計
気になる料金は!!

かからなかった!

マウスピースの作り直しはお金が掛からなかった!

はい、掛かりませんでした
ほっと一安心

ただ、マウスピースを作って1週間以内に連絡をして作り直しをしてもらったのでお金が掛からなかったのかなと思います

ちなみにあごが痛くなった理由は、歯形を作ったときにあごが前に出すぎていたためのようです。

ま、こればっかりは個人差があると思うので、どこまでは痛くならないかという基準もないので、何回か微調整は必要かもですね

それにしても何回目でぴったりするマウスピースを作れるんだろ?

快適な睡眠はほんとに大事



睡眠の仕方で疲れがとれるのをホントに実感しています

関連コンテンツ表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き