自動車保険料は「比較」でしか安くならない。一度に複数社の見積もりをすることで去年の保険料より安く!

自動車保険は比較をすると安くなる

車を乗っていたら切っても切れないもの
そうですね 
今年は車検の年なので去年よりも安く抑えたいなと思っています
どうも!@to_sky_blueです

普段は使わないけど事故をしたときにしっかりとした保険に入っていないと相当痛い目にあいますね
事故をしないことが一番ですが、自分は気をつけていても相手がぶつかってくるのもあるし

保証は高くでも月々の金額は抑えたい 
となると、自動車保険の比較をするしかないですよね

そう、自動車保険は一括見積もりがお得につながるのです

自動車保険の見積もりは一括見積もりをすべき

私は去年関西から福岡に引っ越してきました 
それに伴って通勤も車通勤から地下鉄通勤に変わりました

通勤方法がかわるだけでも見直しをするいい機会ですね

毎日車に乗っていたので保険の契約を「通勤」+10,000キロ以上に設定していました  
片道が8キロぐらいなので、平日通勤していたら事故にあう確率が高くなるのは当然ですね

でも引越をしてからは週1〜2回ほどしか乗らないので、事故に遭う確率は非常に低くなります

と、そこで自動車保険の見積もり比較です

昔からここの保険会社しか使っていない!という方も、「最近テレビのCMを見ていて気になっているんだよね、どれだけ安くなるのか」方もいるでしょう

まずは自動車保険の一括見積もりをしてみましょう

自動車保険の一括見積もりのメリット

自動車保険の一括見積もりのメリットは幾つかあります

  • 複数の自動車保険を同じ条件で見積もり依頼ができる
  • いつでも見積もり依頼ができる(時間を選ばない)
  • 結果がメールで届くので比較も簡単

こんなメリットがありますが、やはり同じ条件で見積もり依頼ができるのは相当なメリットですよね

無料の自動車保険一括見積もりサービス

もちろん見積もりは無料です

一括見積もりで時間を節約しましょう!

例えば20社見積もりをするとしましょう 
20社分電話をかけたり、ネットで調べたりして20社分の見積もり依頼できそうですか?

私なら絶対出来ません 
これだけは断言できます
そんな時間ないですし(^_^;

たとえば1社の見積もり依頼をすると、ネットで調べて必要項目を入力する必要があります 
仮に30分としましょう。 
30分×20社=600分 つまり10時間です

10時間分他の事をしていた方がよっぽど時間の有効活用ですよね

ちなみに一括見積もりだと最短5分で可能になります

あ、車検証と保険証券を手元に用意しておいて下さいね♫

複数社の見積もりをとれるので、自動車保険は安くなる

さて、このグラフをみてください。

自動車保険は比較で安くなる 保険の窓口インズウェブならリアルタイムで簡単一覧比較 ~保険の窓口インズウェブ 自動車保険一括見積もり~

見てもらいたいのは一番目立つ吹き出しの部分です
なんと5万円以上も安くなる人もいるんです

かくいう私も安くなったなかの一人です

まえは東京海上火災の自動車保険に入っていました。
新車で車を買ってディーラーに言われるがままに入った自動車保険です 
月々の保険料が確か月15,000円ぐらいでしたので年間18万ぐらいでした

で一括見積もりをしたらなんと半額以上の8万円台!

え? 
まじで?って気分になったのは言うまでもありません 
今まで払っていた保険料は何だったのか。。。

ま、でも過去は変わらないので安く抑える方法が見つかったので良しとしましたが(^_^;

その時につかった保険会社はイーデザイン損保です 
ここを使って安く抑えられました。

ちなみに安く抑えらたのは幾つか理由がありますが、大きな理由があるんです 
それは代理店があるかないかで変わってきます

自動車保険は代理店型を選ぶよりダイレクト型保険を選ぶと安くなります

はい、ここで2つの言葉が出てきましたね

代理店型ダイレクト型の2種類です

代理店型 →昔ながらの自動車保険。代理店契約を結んだ保険代理店に売ってもらう。そのため代理店手数料が多く掛かる

ダイレクト型 →自動車保険を勧誘する手段としてはインターネットや電話のみ。そのため店舗や人が動かないので代理店手数料や人件費を低く抑えられる。

どちらも広告費などの経費は掛かりますので、大きな違いは代理店手数料ですね 
いっぱい売ってもらうためには、代理店に頑張ってもらわないといけないですし、代理点手数料を抑えると代理店は頑張らないしで、どうしても掛かってしまうお金(経費)です

その代理店手数料を省いたのダイレクト型の自動車保険が安くなるのは当たり前ですよね

人が動かないと不安・・・な人もいると思いますが、ダイレクト型でも代理店型でも加入時に説明する内容は同じです 
むしろ電話で申し込む場合ダイレクト型の方がしっかり説明をしてくれます。

それはなぜか?といいますと、説明をしている通話は必ず録音をされていて、ちゃんと説明をしているのかを後から聞いてチェックをしているんですね

なので、説明をしなければいけない事項はちゃんと説明してくれます

 

ネット申し込みは、申込時に確認してもらいたい事項は見落としがないように強調されています

代理店だと対面で説明をされますが、「なにか隠して説明していないか」なんて疑心暗鬼になってしまう人にはあわないですね 
だって代理店って成績があるから、少しぐらい・・・って勘ぐっちゃいます 
ま、そんな人はごくまれでもいることはいるでしょうし。。。

なのでダイレクト型がオススメです

ちなみにネットで申し込むと電話で申し込むより「1万円引き」ってのもあるのでネットでの申し込みがオススメです

申し込み結果を比較しよう

申し込みはできた 
やっぱりダイレクト型の方が安いなーって思うと思います

で、見積もりをずらっと並べて比較します

自動車保険会社によって保険料は違いますが、金額だけで選んだらだめですよ

ちゃんと保険料の見積もり条件を確認して下さいね

え?同じ条件で見積もったから同じじゃないの?って思いますよね

同じ条件で見積もり依頼をしたのは確かですが、自動車保険会社によって算出根拠が違うんです  
見積もり依頼をした条件に近い条件で見積もりをされていることが多いですね

見積もりが出されたら、専用のアカウントが開設されています 
IDとパスワードが発行されているのでログインして細かな条件を設定して比較するのが一番です

まとめるとこんな手順ですね

  1. 一括見積もり依頼
  2. 見積もり結果がメールで届く
  3. 見積もり結果をみて2社ぐらいに絞る
  4. 細かく条件を変えてみて1社に絞る
  5. 申し込み!!

という流れです

年間の保険料をここまでにしたい(上限設定)
去年よりも2万円は安くしたい 
この条件だとどこまで安くできるんだろう? とかいろいろありますが、一つだけ言えるのは同じ保証なら可能な限り安い方が良いですよね

あと、もう一つ大事な事がありました 
申し込んだはいいけど電話で勧誘は・・・いやだなって思いますよね
一括で見積もり依頼をしても電話はかかってきませんので安心してください

さあ、見積もりしてみましょうー!

無料の自動車保険一括見積もりサービス



関連コンテンツ表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き