スマートスピーカーのAmazon Echo Google Home今買うべきなたった一つの理由

スマートスピーカー(Amazon Echo Google home LiINE Clov)は必要ですか?

テレビでAmazon Echo とかGoogle Home、LINE ClovaのようなのCMが結構流れていますが、使っている人はどれだけ増えているんだろ?
どうも!@to_sky_blueです

テレビの力はやっぱり今も力があるから売れてるだとは予想できますがどうなんでしょうか

スマートスピーカーって話しかけると、言葉を理解して何らかの対応をしてくれる、最先端のデバイスです。

今はまだ早い? 
これから段々面白くなっていくから待った方がいい
一度使ったらもう手放せない!

って言う声が聞こえてきそうですが買いなのかどうなのかを探ってみました

Google Homeは買うべきなのか?

まず最初に一つのニュースを見てください

上陸から半年 「スマートスピーカ―」は日本市場に定着したのか – ITmedia ビジネスオンラインより引用:

「上陸当初は『日本人がスマートスピーカーに話しかけるのを恥ずかしがり、あまり使われないのでは』との懸念もあったが、現時点でそうした現象はみられない」

スマートスピーカーに話しかけるのを恥ずかしがり
私はまさにこれ

恥ずかしくて照れるのでiPhoneに話しかけられません(^_^;

iPhoneにはSiriというサービスがあるのに、使いこなせてはいないです

たまに車に乗っていて急にある音楽を聴きたくなったら、Hey Siriって話しかけるぐらいです
ちなみに自然にではなくて、心の準備をして声かけます(笑)

ほんとは自然に声をかけられればスマートなんですけどねぇ

でも、私のような人は実は少数派だったんだなー、という驚き

じゃあ、使っている人が多いのかな?というところですが、こんなデータがあります

日本でのスマートスピーカーの普及率は8%

さて、この8%という数字が高いかどうかですよね

上陸から半年 「スマートスピーカ―」は日本市場に定着したのか – ITmedia ビジネスオンラインより引用:

調査によると、17年時点での日本におけるスマートスピーカー普及率は8%で、19カ国中12位。「18年中に買う」と考えている人の割合は16%で17位だった。だが中村氏は「この数値は、イノベーティブな新製品が世に出る際にネックとなる『キャズム』を超えている」と分析。

実はこの8%という数字は高い数字と分析されています

スマートスピーカーという言葉が結構聞かれるようになりましたが、本格的に耳にし出したのは去年辺りからです

さて、普及率8%を説明するために図をここから借りてきました
【イノベーター理論】市場に普及させる5つのマーケティング戦略 – Web活用術。

これは新製品が発売されて、どのように市場に認知されていくのかを表したものです
普及される課程を5つのグループで分けています
イノベーター理論 市場に普及させる5つのマーケティング戦略 Web活用術

上の図の言葉の意味を説明をすると下記のようになります

  1. イノベーター 2.5% 革新者=とにかく新しもの好き 他の人の評価は気にしない
  2. アーリーアダプター 13.5% 初期採用者=新しもの好きだが、使っている人の評価は気になる オピニオンリーダー的な役割
  3. アーリーマジョリティー 34% 前期追従者=評価が気になってなかなか踏み込めないが、流行っていたら取り入れる層
  4. レイトマジョリティ 34% 後期追従者=新しい物はなかなか取り入れない。他の人が持っていたら持とうかなと思う層
  5. ラガード 16% 遅滞者=新しい物は取り入れるつもりが無い層。伝統だったら取り入れる

この図から言うとAmazon Echoに代表されるようなスマートスピーカーの普及率は8%なので、イノベーターを過ぎてアーリーアダプターの真ん中あたりですね。
というとですよ、これからスマートスピーカーはどんどん伸びて、生活に必要な「必需品」になりそうですね

実際、AmazonがテレビでAmazon EchoのCMをする、GoogleがGoogle HomeのCMをする時代になってきているので、これから加速することが予想されます。

私は上のどれにあたるかというとイノベーターに入りますが、このスマートスピーカーについては「恥ずかしさ」もあり買ってはいません。

でも、これだけ市場が加速しているなら、やはり購入すべきデバイスですね

結論、買うべきですね
と、自分に言い聞かせます(笑)

スマートスピーカーを買うべきな理由

市場がどんどん伸びていけば、それに付随するサービスも充実します

そう、例えばスマートホーム
全て声で操作ができるような環境も実は少しずつできています。

電気をつけたり消したり、テレビをつける、エアコンをつけるなんてことが現実になっています

まだ商品は高めですが、今年後半から来年にかけて段々値下がりしていくでしょう

乗り遅れないようにしないといけませんね

普及するとそれに付随するサービスも爆発的に広がっていくので、今から準備をしておきましょう
iPhoneや他のスマホのように、10万超えってわけでもないので買いやすい価格設定ですよね

さて、やっぱり一押しはAmazon Echoでしょうか 
Google Homeも捨てがたい、LINEのClovaも・・・・
迷いますね(^_^;

これAmazon Echo で「アレクサ」で電気をつけることができるスマートLED電球です

関連コンテンツ表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き