通勤の電車の中でKindleを使うならKindle Voyageをおすすめする大きな2つの理由

通勤時間


去年の11月から転勤になって通勤が車から電車に変わりました 
それまで15年ほど車通勤だったので電車通勤が苦痛・・・
になるところ、これで通勤時間が快適になりました
どうも!@to_sky_blueです

いままでは家から会社まで車で10分ほどだったのですが、今は地下鉄の駅まで20分、そして地下鉄で20分の合計40分になりました
そう、ドアtoドアで40分です

健康のためだから、地下鉄の駅まで20分のところにしましたが、地下鉄の20分がちょっと苦痛でした

でも、Kindleで本を読むようになってからは、通勤時間が快適になったので、そんな話しをしましょう

通勤時間に本を読んで時間を有効につかう

歩きスマホは危険なのでさすがにできないので駅までの道のりは音楽を聴きながら歩いています

ちなみに使っているのはBose SoundSport wireless headphonesです
歩いているときにはiPhoneとイヤホンをケーブル繋ぐのが嫌なのでワイヤレスです

いまはBose SoundSport Free wireless headphones
っていう完全ワイヤレスがありますが、私が使っているのは右と左のイヤホンの間にはケーブルがあるタイプです

話しはそれましたが・・・

歩きは音楽を聴いて鼻歌でも歌いながら歩くので快適です(笑) 
今はAmazon music unlimitedAmazon Prime会員なら無料で聴けるAmazon Prime musicがあるので、聴きたい音楽がない!なんてことは絶対無いです 
邦楽が少なかった時期が昔はありましたが、今は邦楽も洋楽も充実しています

あ、また話しがそれた。。。

で、問題の地下鉄の通勤の20分です

ま、インターネットが繋がるのでネットを見ていてもいいのかなと思っていましたが、それだと実に非生産的かなと思っています。
昔は結構読書をしていたので、これを機に読書を再開しました

で、通勤時間の20分って意外と丁度良い時間ですね

電車ではKindleをつかって本を読む

KindleはiPhoneやAndroidにアプリでもいれらるので、わざわざKindleを使わなくてもいいんじゃないの?と思うでしょ?

でもね、iPhoneとかのアプリで読むのとKindleで読むのは大きな違いがあるんです

それは読書への集中力です

iPhoneやAndroidってネットを見られるので、すぐ脱線しちゃうんです 
でもKindleってネットに繋がらないので読書に集中ができます

この違いって大きな違いです。

あと電車にのっている時間も結構重要だったりします
といっても、20分っていう時間ではなくて、最終的には降りなきゃいけないという区切りです
毎日30分読もう、1時間読もうっていう目標を立てても挫折する事って多いと思うんですよ
でも、電車の中って自由度が低いので出来る事はおのずと限られてしまいます。

電車の中で別にゲームでもいいんですけど、それはあまりにも生産性がないですよね 
特別「意識高い系」ではありませんが、本を通して仕事を楽にしたいと思っているので私は本を読みます

でも、年配の方でもゲームしているって人多いですね
頭を使うからボケ防止になるのかもしれないですからいいですけどね

どーでもいいけど私がゲームをしない理由は、目が疲れるからです(;゚ロ゚)
画面をじっと見ていると目が疲れるし、チカチカするんですよね・・・ 
小学生の時以来ゲームをしていないので目が慣れていないだけかもしれませんが、そんな42才です(笑)

電車の中ではKindle VoyageかKindle Oasisがおすすめ

Kindleって何種類かあります

  • Kindle
  • Kindle Paperwhite
  • Kindle Paperwhiteマンガモデル
  • Kindle Oasis

もっと詳しくするならKindle Paperwhite(マンガモデルは除く)とkindle Voyageとkindle Oasisは、Wi-FiのみのモデルとWi-Fi+無料3Gモデルがあります

値段は上から下に向かって高くなりますが、その分機能が加わります

はい、ここで重要な差別化ポイントがあります

それはページめくりボタンです

Kindle Voyage

これがあるのとないのでは大きな違いです

KindleとKindle Paperwhiteはページめくりボタンは「ない」
Kindle VoyageとKindle Oasisはページめくりボタンが「ある」

そこが価格の境目です

このページめくりボタンがあれば、ボタンを押すとページがどんどんめくれます
でも、このページめくりボタンがないKindleとKindle Paperwhiteはスクリーンをスワイプしなければいけません

電車の中が混んでいたらスワイプするのも一苦労ですが、ページめくりボタンがあれば押すだけでいいんです

特に朝のラッシュ時は腕の位置を固定される事もおおいので指先だけでページをめくれるのは非常に重宝します。

これだけでもKindle Voyageを買ったかいがあるってもんですよ
あ、ちなみに私がもっているのはKindle Voyageです

で、Kindle Voyageで何を読んでいるのか?ってことですが、私はビジネス書を読んでいます
昔は小説も読んでいましたが、どこで切ったらいいんだろ?って多少悩むので小説は読まなくなりました。

でも、小説でも良いと思うんです
小説の方が日本語が豊かになると思います
語彙が豊富ですし

マンガでもいいと思うんです
私もたまにHUNTER×HUNTERを読んだり、インベスターZを読んだりしてます

大事なことは、何を読むかではなくて本を読むことに集中するか、です 
Kindle Unlimitedっていう読み放題もあるので是非活用してみてください

Kindle Unlimitedには雑誌、マンガ、小説、ビジネス、ムックなど約17万冊ぐらい読めます。
Kindle本が約60万冊ぐらいのようなので、約1/4が読み放題ですね

初回は無料期間が30日あるので、やっぱりいらないなーって思えばキャンセルすればいいですし、まずははじめて見るのをオススメします

毎週・毎月読んでいる本があったら毎回買うのがバカらしくなりますし

というわけで、Kindleのオススメでした

高い安い、で選ぶのもいいですし、機能で選ぶのもいいですね
私はKindle Voyageを使っていて非常に満足しています、というお話でしたー

関連コンテンツ表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き