渡哲也さんの豪快エピソード!! ホテルの部屋に屋台を運ぶ、旅館の部屋に焼き肉店を呼んで焼く肉をする

西部警察 渡哲也 団長

昭和の名優 渡哲也さんが無くなられたというニュースで、いろいろと渡さんの人柄が溢れるエピソードがでてきていますね
どうも!@to_sky_blueです

でも、そういうエピソードってご存命の時に聞きたかったですよね

よく、お店の閉店が決まった後「無くなってさびしいです」っていう人いるじゃないですか
あなたが行かなかったからお店が無くなったのにと思っちゃいます
どーでもいいですけどね

さて、いろんなエピソードが出てきていますが、豪快なエピソードがあったので紹介します

渡哲也さんの豪快エピソード

毎日新聞の記事なんですけどね

舘ひろし 渡さん死去にショックでコメント出せず 尊敬し背中追い続けた存在との別れ― スポニチ Sponichi Annex 芸能より引用:

紳士的な印象が強い渡さんだが、豪快な一面もあった。撮影で泊まった宿泊施設にラーメンの屋台があるのを見た渡さんは「ひろし!あの屋台持ってこい」と指示。
5階まで運ぼうとしたがエレベーターに入りきらず、ラーメンだけ届けたという。
ある時は旅館で「焼き肉を食べたい」と注文。焼き肉店を呼んでその場で食べたため、部屋中に煙が充満。においが残ったため、部屋の壁紙などを総取り換えした

ひろしというのは舘ひろしさんのことです

しかし「あの屋台持ってこい!→5階まで運ぼうとした」ってことは、ホテルの入り口から屋台を入れて、従業員用エレベータの前まで運んでみたけどダメだったってこと?

旅館で焼き肉を食べたいから、そのまま焼き肉店をよんで、部屋の中で焼き肉! 
うん、確かに焼き肉はにおいがつくよね
それは炭火だったのか?炭火だったら備長炭?ってところが気になりますね

と、豪快なエピソードってもう昭和の大スターしかいないでしょうね

と思ったらいましたね、XのYoshikiさんやHideさんはこんなエピソードはいっぱい持っているかもですね
(カレーが辛いとか、シャワーが熱い、とかホテルの部屋とか居酒屋をめちゃくちゃになんて話しもありますしね)

でもね、スポニチさん
もうちょっと記事の構成というか、別な記事にすればよかったんじゃないかなって思うんですよね

この前後にいい話が書いてあるのに、この豪快エピソードで全て持ってかれました!(笑)
それが狙いかもですけどね

往年の名優が一人、一人と天寿を全うされていきますね 
渡哲也さん、安らかに。。。

西武警察はU-NEXTと、Amazon primeで見られます!

関連コンテンツ表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在福岡に在住の44才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き