夏の熱帯夜対策 エアコンの温度を調節して翌朝スッキリ起きる方法教えます

熱帯夜


夏になって夜が寝苦しい。。。 
朝起きても疲れが取れていない
なんて事はありませんか?
どうも!@to_sky_blueです

そんな経験って多いですよね

幾つかの記事に書いたんですが、私はエアコンをあまりつけない方でした 
過去形なのは今は違うから過去形です

夜にエアコンをつけて寝ても翌朝スッキリな方法が見つかったのでこれから教えます

熱帯夜対策 エアコンをつけて快適に寝る方法

今はつけていても、エアコンをつけて寝てなかったの理由がありました

それはエアコンをつけっぱなしで寝た翌朝は体がダルイから

そう、体がダルイのでエアコンをつけていなかったのです

では、なぜ翌朝スッキリ起きられず体がダルくなるのか?

それはエアコンの設定温度が低すぎたんです

というのも、睡眠中は体温を放熱する傾向にあって、体温が下がりやすくなります
睡眠中にはコップ1杯(200ml)の汗をかくと言われていますね
汗をかくのは体温調節のためで、結果として体温が下がります

汗をかいて寝ている時にエアコンでがっつり温度を下げると、汗をかいて体温調節している上に、冷たい風で体感温度を下げてしまう
そうすると朝スッキリ起きられないダルイ朝の出来上がりってわけです

じゃあ、やっぱりエアコンを掛けなきゃいいのか?って話しになっちゃいますが、エアコンを掛けて寝ないと暑さによって大量に汗をかくので、これまたスッキリ起きられれません

暑くて夜中に何度も起きてしまって、起きたら起きたで今度は眠れなくなって・・・という繰り返しで睡眠不足
睡眠不足で体がダルくて、昼間が暑くて夏バテになるという悪循環、負のスパイラルになってしまう

最悪、夜中に熱中症になっちゃいますので危険です

じゃあ、どうすればいいのか?ですよね 
それはエアコンの温度に関係があったんです

寝るときのエアコンの温度の設定は何度?

冷えすぎると体の熱を奪って翌朝がダルくなるという話しをしました

ポイントが冷えすぎていたってことです

そう、設定温度が低いんですね

寝るときに暑いとエアコンの温度を23度とか低いと20度ぐらいまで下げて寝ていませんか?
低いと涼しいので寝付きはいいですよね

でも「寝付き」と「寝ている間」ってのは別に考えましょう

実は温度は27〜28度の設定を一晩中がベストだったんです

この温度だとエアコンの風も冷たすぎずに体の表面の熱も奪わずに快適に寝られます

その温度じゃ暑くないの?って思った方、ものは試しでやってみてください

あと一つポイントがあって、ベッドが直接風邪があたる位置にあるなら、サーキュレーターや扇風機を天井に向けて直接風邪があたらないようにするのがベストです

エアコンの位置は変えられないので、風を部屋中に循環させましょう
そうすると更に体がスッキリです

あ、もう一つありました
一晩でコップ1杯の汗をかくと書きましたが、寝る前にコップ1杯の水を飲んで寝ましょう
体内水分量の調節ができるので、翌朝の寝覚めがいいですよ

夏は長いです
夜も長いです

コップ1杯の水を飲んで、エアコンの温度を27〜28度で設定して、扇風機で空気を循環

これが夏の夜の正しい過ごし方です
すっきり翌朝起きましょう!

あ、気になる電気代ですが、タイマーでつけたり消したりするよりつけっぱなしの方が安いですよ

バルミューダの扇風機やダイソンの扇風機はお店で買うよりネットの方が断然お得です
バルミューダ、欲しいな

関連コンテンツ表示

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き