高木里代子のライブに行ってきた  吹田  TAKE FIVE ジャズはインプロヴィゼーション

Piano


php admin-ajax.php

というわけで、予告通りにライブに行ってきた 
いやぁ、ジャズっていいですね!
3度の飯よりライブに行くのが好き
どうも!@to_sky_blueです

行こうかどうか迷っていたんですが、やっぱりジャズっていいですね

高木里代子さんのライブに行ってきましたよ

 ライブ in TAKE FIVE 吹田

初めて、吹田に訪れましたが、たぶんライブがなかったら来なかっただろうな

で、ライブが行われたのはここ

LIVE BAR TAKE FIVE 大阪 – 大阪・吹田のライブバー TAKE FIVE

〒564-0032 大阪府吹田市内本町2丁目2−5
06-6319-0625

UNADJUSTEDNONRAW thumb 9d73

実にいいライブハウスでした
マスターの音のこだわりなのか、いい音できくことができました

住んでいるところからは遠いですが、いいライブハウスなのでまた別なライブにも行きたいですね

さてさて、肝心の高木里代子さんのライブですが、もうね「最高」の一言でしたね

ジャズって聞く度に変化をするので、毎回楽しみな音楽ジャンルですね

ジャズは変化する

ジャズの醍醐味ってインプロヴィゼーション、即興演奏です

ようはアドリブですね

主題=テーマを元にその場の雰囲気をとって、どんどんメロディーを紡いでいきます

ポップスとかロック(一部)は、どれだけ再現性を高められるか、に重きを置いている場合があります
ボーカルのメロディラインとか’、ギターソロとかね
でも、これは音楽性の違いであって優劣の話しではありません
ギターソロも含めて楽曲の一部ですからね

で、ジャズってその対極にある音楽性で、どれだけアドリブでオリジナルを越えられるのか?ってことです
多少語弊があっても、瞬間の美学ってやつですね

CDで聞いた音と全然違うところが、ジャズは難解っていわれるのかも知れませんね

CDでも聞くのも良しですが、ぜひライブに行ってほしいですね

高木里代子のソロピアノ

正直いうと写真をみてライブに行ってみようかな思ったのが切っ掛けだったわけですが、いまはすっかり音にはまっています

メロディーがいいんですよね

ピアノの良さに気づかれた、といったらわかるでしょうか

CDで聞くとやっぱり音が平面的になっちゃいます 
もちろんレコーディングエンジニアって音に拡がりを持たせる為にミキシングをするわけですが、やっぱり音を閉じ込めるのでしかたないですね

そういう音をピアノの音って思っていましたが、ライブで聞くと音のレンジ、ダイナミクス、あとはリズム楽器にもなるんだなと。

 

そう、ピアノってリズム楽器なんですよね

繊細なメロディから力強いメロティまで、はば広く音がでてくるるんですよね

あの体からあんな力強いメロティが出てくるとは驚きです

今回でライブに行くのは3回目なんですが、毎回リクエストコーナーがあるんですよね
見に来た人から、テーマとなるようなメロディを弾いてもらって即興で曲を作ったり、聴きたい曲を聞いて知っている曲ならその場で演奏とか

そういう、ライブ会場でしかない空気感ってぜひ感じて欲しいと思います

即興で音楽を作るのは必見?いや必聴ですね

で、肝心のセットリストですが、・・・・

例のごとく曲と曲名が一致しませんので(^_^;

でも知っていた曲でいうと、キャラバン(今一押しだそうです)、オリジナルのオレンジの肖像とか(・・・少なっ

でもね、ジャズって曲名じゃなくて、インプロヴィゼーションなので曲を知らなくても楽しめるのは保証します

ちなみに、高木里代子さんはわかりやすいメロティを弾いてくれるので初心者でもジャズ好きな人でも楽しめます
見に来た人の中には何十年もジャズ聞いていますって人もいるようですね

というわけで、ぜひライブハウスに見に行って下さいね

東京がメインですが、数ヶ月に一回大阪と京都でライブをされているようです

また次回の大阪のライブには行ってみたいと思います

いやあ、ジャズピアノ、いいですね
高木里代子さんのジャズピアノ、最高です!

関連コンテンツ表示

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き