「俺たちは氷室京介からまだ卒業できない」 Huluで氷室京介のドキュメンタリーを見た。やっぱりもう1回みたい!

氷室京介


俗に言うこれが 
ロス
そう、氷室京介ロス 
どうも!@to_sky_blueです

最近Huluで氷室京介のドキュメンタリーを見ていたんです
自分が行ったLAST GIGSの大阪2デイズ
あの最高のライブをね

そうしたらやっぱり思う訳ですよ
また氷室のライブに行きたいなって

俺たちはまだ氷室京介を卒業できないんですよ!!

Huluで氷室京介特集

久々にHuluを見ると氷室京介特集がされていました!!

DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO “POSTSCRIPT” PERFECT EDITION on Hulu
氷室京介

日本テレビのテレビマンが東北大震災以降の氷室京介を密着した映像をもとに、なぜ「氷室京介からの卒業」をしなければならなかったのかを描いた映像作品です

この作品を見ると、もう限界だったのかなと思った。

といっても「生きる」という限界ではなくて、アーティストとしてレベルの高い音楽を届ける、といった意味の限界です。

氷室京介というと、King of Rock、8ビート、カリスマという言葉と同列でストイックという言葉を感じてしまう。
そんな孤高、威風堂々、唯一無二とした存在に感じます。だからいろんなフォロワーが生まれる存在なんだと思う。

ここで思った「ストイック」というキーワード、アーティストだと当たり前なのかもしれないけど、特に氷室京介というアーティストはそれを強く感じる

ライブに行ったことがある人、もしくはBlu-rayやYouTubeをみたことがある人ならわかると思いますが、左手の人差し指で左耳を抑える仕草。

たぶん音が取れないので、イヤモニを抑えて音像をはっきりさせている仕草ですね。それがまたカッコイイ絵になるので「絵」としてやっている部分も少しはあるのかなと思っていたら全然違いましたね。

アーティストとしてオーディエンスに音楽を届けるのに必死で精一杯もがいている氷室京介がそこにいました。

ボーカリストって曲に合った旋律を歌って、そこに感情を載せてオーディエンスまで届ける事ができる

でもそれができなくて、もどかしいんだろうなと思う映像でした。しきりにモニターPAの人とやり取りをしてる。会場の大きさ、体調などのコンディションで聞こえ方が違う。イヤモニの材質、堅さ、フィット感でも音の響き方が違う。その中で自分がどれだけのメロディーを届けることができるのかをもがいている。

やっぱり、まだ出来る、まだできるんじゃないのか?って思いますが、ツアーだと厳しそうですね
ならば単独公演でも、と思わずにはいられません

チケットが瞬殺で買うのは厳しそうですが(^_^;

ちなみにこの氷室京介のドキュメンタリーは期間限定なので、お早めにどうぞ
氷室京介がなぜ卒業しなければいけなかったのか、その一端を知ることができます
マストで見てほしいものです(*^o^*)

PCからのHuluはこちら
スマホからHuluはこちら

公式サイトで各公演の音源リリース

と、Huluを見ていて、いわゆる氷室京介ロス(氷室京介からはまだ卒業できない)に陥っている今日この頃。

ちらちらTwitterをさまよっていたら、なんとLAST GIGS公演のライブ音源が発売されているのを発見。私が行ったのは大阪の初日と2日目の2デイズ

しかし、自分の行ったライブだとやっぱり嬉しいですね。北海道に住んでいたら絶対この感じはわからなかっただろうな。転勤に感謝(笑)

氷室京介

DiGiTRONiX [Digital Contents Store]より引用:

【作品概要】
ライブ活動無期限休止宣言をした2014年の横浜スタジアムから1年9ヶ月、長い沈黙を破った4大ドームツアー初日の大阪ドーム公演。開演を待ち望んだオーディエンスの爆発的な高揚感のなかで繰り広げられた圧倒的なステージパフォーマンス。「KYOSUKE HIMURO 」開幕の記録となる本公演の演奏された全ての楽曲とMCを収録。

【収録楽曲】
2016.4.23 京セラドーム大阪 全29曲 MCノーカット収録
OPENING / DREAMIN’ / RUNAWAY TRAIN / BLUE VACATION / TO THE HIGHWAY / BABY ACTION / ROUGE OF GRAY / 16 / WELCOME TO THE TWILIGHT / LOVE & GAME / IF YOU WANT / LOVER’ S DAY / DIAMOND DUST / CLOUDY HEART / WARRIORS / BANG THE BEAT / SUMMER GAME / RENDEZ-VOUS / BEAT SWEET / B・BLUE / MARIONETTE / ONLY YOU / PLASTIC BOMB / WILD AT NIGHT / WILD ROMANCE / ANGEL / MC-1 / REVOLVER / KISS ME / IMAGE DOWN / NO. NEW YORK

氷室京介

DiGiTRONiX [Digital Contents Store]より引用:

【作品概要】
大阪初日公演から更なるパフォーマンスの向上を求めて入念なリハーサルを経て臨んだ大阪公演2日目。マイクロフォンの機種を厳選したことでモニタリング環境が改善し、圧倒的なパフォーマンスで大阪ドームを歓喜の渦に巻き込んだステージはツアー2日目にして早くも完成に近いステージだった。パワフルなステージで展開された興奮の一夜、演奏された全ての楽曲とMCを収録。

【収録楽曲】
2016.4.24 京セラドーム 全28曲 MCノーカット収録
OPENING / DREAMIN’ / RUNAWAY TRAIN / BLUE VACATION / TO THE HIGHWAY / BABY ACTION / MISS MYSTERY LADY / 16 / WELCOME TO THE TWILIGHT / LOVE & GAME / IF YOU WANT / LOVER’ S DAY / DIAMOND DUST / CLOUDY HEART / PARACHUTE / WARRIORS / NATIVE STRANGER / SUMMER GAME / RENDEZ-VOUS / BEAT SWEET / B・BLUE / MARIONETTE / ONLY YOU / PLASTIC BOMB / WILD AT NIGHT / WILD ROMANCE / ANGEL / MC-1 / THE SUN ALSO RISES / NO. NEW YORK

両方買わなきゃですね

ちなみにラストの東京公演も手に入るのでこちらも買わなきゃですね

上記のアルバムはダウンロード販売です下記のリンク先からどうぞ〜
DiGiTRONiX [Digital Contents Store]

LAST GIGS の最終公演映像リリース

音源!って思っていたら売れ強いニュースがありました!

なんと2017年3月1日に最終公演のライブがBlu-ray & DVDでリリース決定!!

スクリーンショット 2016 12 28 07 23 02

Amazon.co.jp | 【早期購入特典あり】KYOSUKE HIMURO LAST GIGS<初回BOX限定盤>(2BD)(特典:スタッフパス レプリカステッカー ※2017/1/31までの予約分まで対象) [Blu-ray] DVD・ブルーレイ – 氷室京介より引用:

KYOSUKE HIMURO LAST GIGS
2016,5,23 at TOKYO DOME
1. DREAMIN’
2. RUNAWAY TRAIN
3. BLUE VACATION
4. TO THE HIGHWAY
5. BABY ACTION
6. ROUGE OF GRAY
7. WELCOME TO THE TWILIGHT
8. MISS MYSTERY LADY
9. “16″
10. IF YOU WANT
11. LOVER’S DAY
12. CLOUDY HEART
13. LOVE & GAME
14. PARACHUTE
15. BANG THE BEAT
16. WARRIORS
17. NATIVE STRANGER
18. ONLY YOU
19. RENDEZ-VOUS
20. BEAT SWEET
21. PLASTIC BOMB
22. WILD AT NIGHT
23. WILD ROMANCE
24. ANGEL

Encore-1
25. The Sun Also Rises
26. 魂を抱いてくれ
27. IN THE NUDE
28. JEALOUSYを眠らせて
29. NO.NEW YORK

Encore-2
30. VIRGIN BEAT
31. KISS ME
32. ROXY
33. SUMME+AJ7R ME

Encore-3
34. SEX&CLASH&ROCK’N’ROLL
35. B・BLUE

LE PROLOGUE ※初回限定BOX盤のみ付属
1.DREAMIN'(KYOCERA DOME OSAKA)
2.LOVE & GAME(KYOCERA DOME OSAKA)
3.MARIONETTE(KYOCERA DOME OSAKA)
4.TO THE HIGHWAY(KYOCERA DOME OSAKA)
5.BABY ACTION(FUKUOKA YAHUOKU! DOME)
6.MISS MYSTERY LADY(FUKUOKA YAHUOKU! DOME)
7.PARACHUTE(FUKUOKA YAHUOKU! DOME)
8.PLASTIC BOMB(KYOCERA DOME OSAKA)
9.DIAMOND DUST(KYOCERA DOME OSAKA)
10.IMAGE DOWN(KYOCERA DOME OSAKA)
11.SEX&CLASH&ROCK’N’ROLL(NAGOYA DOME)
12.IN THE NUDE (NAGOYA DOME)
13.VIRGIN BEAT (NAGOYA DOME)
14.THE SUN ALSO RISES (TOKYO DOME)
15.SUMMER GAME (TOKYO DOME)
16.REVOLVER(KYOCERA DOME OSAKA)

これは強烈だな

買わなきゃいけないでしょ、これはね!!

関連コンテンツ表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才
ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン
ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く
新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き