英語ブログはネットを使うと楽に書ける。その方法を大公開。日本語から直接訳すのは絶対ダメ!

英語の勉強


英語のブログを作った後は実際書かなきゃいけませんね
今回は英語でブログの記事を書く方法です 
どうも!@to_sky_blueです

やっと念願(?)かなって英語のブログを書き出したところです。
4つの記事をアップしましたが、「これなら続けられるな」という書き方をしていますのでご紹介
もし英語のでブログを書きたいなと思ったら参考にしてもらえればありがたいですね

英語でブログを書くときはこうするといいよ

というわけで、早速書き方です

これを読んでいる方は英語でブログを書きたいなと思っている人だと思いますが、レベル感はバラバラですよね
私のように昔英語を話せたけど今は話せない人、英会話はできるけど英語が書けない人、英語は高校の頃に習ったきっりでそれ以降は使っていない、とか。

英語を思い出すって事を考えるならこういう方法はどうでしょうか?

直接日本語で考えるのではなく、簡単な英語で考えてみる

とか、どうでしょうか?

日本語で考えて英訳をするのは最初は厳しいと思います

今日は天気が良くて良い日だ!という日本語があるととします
これを

It is sunny.
it is good day.
I feel good!

でもいいんですよ
意味が通じればいいんです

無理をして
it is sunny and it makes me feel good!

なんて書かなくてもいいんですよ
日本語→英語、ではなくて、中学生で習うような文で英語の文は作れちゃいます

簡単な英語で書けるようになったら、次のステップへ

簡単な英語で書くというのは、「英語脳」を作ることです
このステップを繰り返していけば、これは英語でなんて言うんだろう?って疑問がわいてくるはずです。

そうしたら英語で書かれている文章を読んでみましょう
英語脳に近づいていると思うので抵抗感は少なくなっているはずです

そうするとネイティブの人が話す/書く英語に触れることができます
ここからまた次のステップ

読んで見ると簡単な英語ではなく、関係代名詞とか関係副詞とか使われているのに気づくはずです
でもね、それは簡単な英語に肉付けをしているだけなので、恐れることは無いですよ

意味がわからないなとおもったらその文をコピペして、Google翻訳に貼り付けてボタンを押せば日本語訳がでてきます

でも、ここで一つ
発音してみてください

英語は発音をしてみると思い出す

グーグル翻訳には発音を確認できるボタンがあるので、ポチッと押せば発音が聴けます
日本語の発音は変だけど英語の発音はネイティブの発音に近いので参考にできます

ここで注意してもらいたいのが、英語のリズムです
日本語にはリズムってあんまりないですが、英語には独特のリズムがありますよね
弱く発音するとところ、あまり聞こえないように発音するところ、強く発音をするところとかね

このリズムを覚えるというのが次に繋がります

で、ここまでのステップになると、普段使うような日本語から英語に訳せるようになっているはずです 
あ、もちろんそれなりに努力が必要ですけどね
英語の文を読む、発音をしてみると、高校までで習った英語を段々と思い出してきたはずです
三つ子の魂百まで、です

Google翻訳を活用する

でも、ここまできたらwebを使うのが便利です
さっき話をした、Google翻訳を活用するんです

Google翻訳は英語から日本語に訳せますが、逆の日本語から英語も訳せれます
ただ、精度がちょっと・・・って感じですけど、大体の意味が通じます

で、英訳をして発音ボタンを押して英語をチェック!、そして自分でもその英語を発音してみる 
「ん?待てよ、これなんだかしっくりこないな」っていう文がでてきますし、気づきます

そうしたらその文をコピーしてググってみる  
それに近しい文がでてくるので、よく読んで合っている文を使う

と言う流れです。

発音をしてみると気づく翻訳の違和感

気づきって感覚的なものですが、英語の文を読んでいたり発音を聞いていたら自然と身につくと思います 
まだ日本語→英語の翻訳って100%の精度ではないので、あっているのかなと調べることも必要ですよ。 
「これは授業で習った気がするけど、これはなんだか違うよな」っていう違和感を大事にしてくださいね

単語だけじゃなくて、イディオム(2つ以上の単語の組み合わせ)を並行して覚えるのも勉強方法の一つです

ちなみにスペルはあまり気にしなくてもいいかもですね
英語で書いていると、単語のスペルが違いますよってIMが教えてくれます 
正しいスペルはググっちゃえばいいですし、英語のブログを書くのは読んで欲しいからであってテストじゃないからスペルを覚えなくたっていいんです。
もちろん覚えた方がブログを書くスピードは上がりますけどね

というステップが英語のブログを書くスキルアップになります
まだ4つしか書いていないだろ!(この記事を書いた当時)っていう人がいるかもしれませんが、だいぶこのステップで英語を思い出しました

単語のスペルがわからない? ググっちゃえばOK! テストじゃないんだよ

英語を挫折するときって、日本語での日常会話をそのまま英訳しようと思うからです 
テストじゃないので、すごく簡単な英語で繋ぎ合わせて文を作ってもいいんですよ、というご紹介でした

私がなぜ英語のブログを書こうかと思ったのかっていうのは英語をもう一度話せるようになりたいのと、ぶっちゃけマネタイズです。 
英語を使えば全世界が相手になるので、それなりにマネタイズできるのではないかと思います。 
という夢を見て英語ブログを少しずつ書いていきます!

英語のブログは将来の夢に繋がる一つの手段

もう年齢は40を過ぎましたが、将来の夢はアメリカの永住です
マネタイズができれば生活費に困らないし、住んだときに英語が話せれば生活に困らな 
マネタイズは住むための手段です

でも、ここだけの話、4つの記事でアクセス数はゼロです(^_^;
ある程度の記事を書かないといけないので、焦らず焦らず・・・千里の道も一歩から、ですね

ちなみに英語を使う人向けのブログを作りたいというひとは、海外サーバーを借りて下さいね
日本のサーバは海外からのアクセスの制限がある場合があります
せっかく良い文章を書いても、見られなかったら悲しいですからね

そんな記事を書いています

英語のブログの開設方法

英語を書くのと英語を話すのを並行して勉強をする大切さ

英語を書く、事と並行して英会話も勉強しなきゃですね 
がんばりましょー!

CMでおなじみのDMM英会話

ネットで英会話は便利ですよね
お試しでいろんなところを体験するのも続ける秘訣です
あうあわないがありますからね

世界最大級のオンライン英会話EF English Live





最初から外国人の講師は恥ずかしい・・・と思った方は、まず日本人の講師で話せるようになってステップアップをするのも一つの方法です
自分にあったやり方がいいですね
がんばりましょー!





高校時代こういう本で勉強しましたよね?

関連コンテンツ表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き