MacBook Proを持ってカフェへで作業する時のバッテリー問題を解消させる方法

LISA78 MBAsawaru20141018102912


最近はカフェにMacBook Proを持っていってブログを書くことが多いです
そんな時気になるのはバッテリーの持ち、です
どうも!@to_sky_blueです

私の持っているMacBook Proはretinaモデルの13インチ
バッテリーは4時間ぐらい持つと言われています
・・・が、使い方によっては4時間も持ちません…

そこでモバイルバッテリーを探すことにしました

MacBook Proで使えるモバイルバッテリー

MacBook Proで使える、というのが第一条件です
第2条件は会社のノートパソコン(Windows)でも使えること

最初に思いついたのはこれ
HyperJuice

Macには定番のモバイルバッテリーです

でも残念ながらWindowsノートの充電はできなさそうなので、泣く泣くあきらめ
MacBook Proに合うんだけどねぇ

で、次に見つけたのがこれ
大容量で21,000mAhの容量です
いろいろ探しましたが高評価です

次に探したのがこれ
安定のサンワダイレクト
容量が16,000mAh

だいたいこの3つに集約されます
どれも良い評価なので迷いますね

モバイルバッテリー購入 決め手は容量

性能的には同じ評価であれば、決め手は容量しかないかなと。
ホントはHyper Juiceを買いたいけれど、会社でも使おうと思っているので泣く泣く断念

で、決め手は容量で、購入したのは2番目のモバイルバッテリー
ちなみにいろんなサイトを見ましたが、製品の正式名称がわからず。。。なんてよべば良いんだろう?

ちなみにWindowsでは、変換プラグを使います

写真が無いので借りています。

借りたのはこのサイトから

MacBook Proも充電可能。1万円以下でコスパが良いOTOGINOのモバイルバッテリー。 | 着ぐるみ追い剥ぎペンギン

いろんな形の差し込みがあるので安心ですね。

で、こうやってカフェでMacBook Proを持っていって

Thumb IMG 4706 1024


傍らに購入した充電器をセット!

Thumb IMG 4707 1024



で、こちらがアップ。
19Vで充電するようです

Thumb IMG 4708 1024


もう一つ購入した物がありました
Windows用の変換プラグはついていますが、MacBook Pro用のはついていないので注意が必要です

で、必要なのが白いケーブルです

リンクはケーブルの長さが長めですが、私が買ったのは短いケーブル

このケーブルを使うと、ちゃんとMacBook Proで充電と認識されます

Thumb IMG 4710 1024

これで、カフェで気兼ねなくブログが書けるようになりました(^_^)

ちなみに使い方の注意点
このバッテリーのボタンを押すとディスプレイがつきますが点灯している間は、Macに繋げていなくても充電状態、つまり放電をするらしいです
ボタンを長押しするとディスプレイが消えるので、充電しない状態になります
これを忘れるといざ使うときに全然使えない!っていう事になってしまいますのでご注意を!

あと、繋げているとモバイルバッテリー本体が熱くなります
たぶんそんな仕様なのでしょう
カフェを出るときは熱いままなので、どうしようかと思いましたが、付属のソフトケースに入れると熱さを忘れるぐらいに熱を感じなくなります
というわけで、付属のソフトケース忘れずに!

シンプルでかっこいいソフトケースがついています

Thumb IMG 4738 1024Thumb IMG 4739 1024

私が持っているのモバイルWi-Fiはこれ

Pocket Wifi 301HW

世間では回線速度が〜みたいなことを書かれていますが、そんなに遅いって思うことはないけどね

スクリーンショット 2015 05 31 00 14 38

retinaディスプレイを使うと他のディスプレイを使えなくなるぐらい綺麗です
ちなみにMacにはWindowsも使えるって知ってました?

今最新のMacBookもいいけど、やっぱりMacBook Proではないかと。
軽いし動作は早いし言うことないしね(^_^)

関連コンテンツ表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き