人生にちょっと疲れたら夢をかなえるゾウ 人生にちょっと迷ったら夢をかなえるゾウ  オススメです!

Elephant 1598359

人生生きていたら、山があったり谷があったり
石につまづいたり 
動く歩道にのったり
いろんな事が起こります
でも「おれの人生このままでいいのかな」
「いつまでこの生活を続ければいいのかな」
なんてことを思いますよね
どうも!@to_sky_blueです

仕事が忙しくて、ちょっと息抜きをしたとき、お風呂に入ってリラックスしている時、ふと思ったりしませんか?

これを読んでいる方は心当たりあると思うんですよね

そんなあなたに捧げる本を紹介しましょう!

人生にちょっと疲れたと感じたら「」を読んだらいい

今は2020年だからもう5年ぐらい前ですかね、こんな本が発売されました
ちなみに3冊あります

いわゆる自己啓発書にあたるもので、物語形式で人生にとって大切な事を教えてくれる夢をかなえるゾウ シリーズです

これはというゾウの形をした神様が悩める人の元に降り立ち、人生に大切な事を説いてくれる物語です
それを毎日コツコツ、コツコツとガネーシャの教えをこなすと、今までと違った人生を歩めるようになります

例えば・・・
「成功しないための一番重要な要素はな、『人の言うことを聞かない』や。そんなもん、当たり前やろ。成功するような自分に変わりたいと思とって、でも今までずっと変われへんかったっちゅうことは、それはつまり、『自分の考え方にしがみついとる』ちゅうことやんか」

はな、毎日寝る前に、自分がその日頑張れたこと思い出して『ようやったわ』ってホメや。一日のうち、絶対一つは頑張れてることあるから、それを見つけてホメるんや。一日の最後はな、頑張れんかったこと思い出して自分を責めるんやなくて、自分をホメて終わるんやで。そうやってな、頑張ったり成長することが『楽しい』ことなんや、て自分に教えたるんや」

「本気で変わろ思たら、意識を変えようとしたらあかん。意識やのうて『具体的な何か』を変えなあかん。具体的な、何かをな」

「人間ちゅうのは不思議な生き物でな。自分にとってどうでもええ人には気い遣いよるくせに、一番お世話になった人や一番自分を好きでいてくれる人、つまり、自分にとって一番大事な人を一番ぞんざいに扱うんや。たとえば……親や」

ってな感じで、関西弁で教えてくれます

関西弁って不思議な物で、堅い話も関西弁で話されるとすーっと頭の中に入ってきませんか? 
そう思うのは私だけですかね?

自己啓発書っていうとなんだか構えたり、洗脳されるんじゃ。。。とか思いがちですが、けっこう面白いストーリで進むのですーっト入ってきますよ

人生に3回疲れても、夢をかなえるゾウは3まである

人生に疲れるのは1回だけじゃないはず

いろんな困難があると思います

でも大丈夫(※吉高由里子を想像して下さい)

夢をかなえるゾウのシリーズは3まであります・・・

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神にはなんとブッダもでてきます(笑)

これはあるお笑いを目指す芸人志望のストーリーです
いやーガネーシャってお笑いのセンスがありすぎる!!。。。は本を読んでチェックして!

「仕事、お金、人間関係、幸せ……人間の悩みなんちゅうのはいつの時代も同じや。そんで本ちゅうのは、これまで地球で生きてきた何億、何十億ちゅう数の人間の悩みを解決するためにずっと昔から作られてきてんねんで。その『本』でも解決でけへん悩みちゅうのは何なん? 自分の悩みは地球初の、新種の悩みなん? 自分は悩みの ガラパゴス諸島なん?」

「聞く耳を持つんや。それが『成長』するための最大の秘訣やで」

やっぱり今回も関西弁でっせ!

夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え は、偽ガネーシャが出現します
本物のガネーシャが勝つのか、偽ガネーシャが勝つのかは・・・本を読んでのお楽しみ

ちなみにDVDもあります

こちらはなんと小栗旬!!
おばたのお兄さんではなく、正真正銘の小栗旬です!
それと古田新太さんです

こちらは水川あさみさんです

ちなみにAmazon Prime Videoでも配信されているので、こちらから是非登録してくださいね

夢をかなえるゾウは4まで発売された!

実は夢をかなえるゾウ3を買ってはいたものの5年ほど積ん読状態だったんですが、ようやく夢をかなえるゾウ3を読み終わったところです

いやー、いい話でした

と思ってなにげにAmazonを見ていたら、なんと!夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死に神が発売されているじゃないですか!

これは読まねば!!

これで4回人生に疲れても大丈夫ですね(*^o^*)

関連コンテンツ表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在福岡に在住の44才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き