【書評】本は読んだけどそれからどうしたらいいんだろうと悩んでいる全ての人におすすめ! 夢をかなえるゾウ

瞑想


最近体が疲れ気味
体が疲れていると心まで元気がなくなるってことありませんか?
どうも!
@to_sky_blueです

疲れがとれないのは歳のせいかな?って逃げていても結局何も変わらないんですよねぇ

なら、元気になりましょうってことでそんな感じの本ばかりを読んでいる今日この頃

今回は前に一度読み終わっていたけど、なんとなく読みたいなと思った「夢をかなえるゾウ」のお話

心をしっかり持とうと思って読み返した「

もう5年ぐらい前?に読み終わった本ですが、ふとまた読みたいなと思いたち久しぶりに読み返しました

他にも積ん読があるので、読む本は沢山あるんだけど、「心にしたがえ」ですよw

この本はいろんな本に書いてある成功法則を集めて、一つのストーリーに仕立てて説明されています

古今東西の偉人たちの話しが詰まっているという結構お得な本だったりします。
その「名言」をストーリーに沿って小出しに出すので結構頭にスッと入ってきます

ちなみに主人公の一人のガネーシャが関西弁で話をするので、関西に住んでいる私としては非常に親近感(笑

これ別な地方に住んでいたら、別な地方の言葉だからここまでスッと入ってきたんだろうかと思っちゃいますが、話しの展開としても実に面白いので、結局スッと入ってくるんだろうなと。

シリーズで3冊の本がでていますが、今のところ読んでだのは2まで。
残り3をこれから読む予定です

夢をかなえるゾウってこんな話し

誰もが
いつかは自分も成功したい!

いい家に住みたい!
あの車に乗りたい!
って思っているはずですよね

そんな私もそのうちの一人だったりします
成功法則ってある程度できあがっているのに、なぜ他の人のように成功しないんだろうって思い詰めたりすることもチラホラ
でもそれって、内向きの力だけが掛かっていて、自分自身を動かしていないってことですよね

夢をかなえるゾウ | 水野 敬也 |本 | 通販 | Amazonより引用:

「成功法則書を読んでも人が成功しないのはなぜか?」世の中にはこんなに多くの成功法則書、ビジネス書があふれているのに、成功者が増えたという話は聞いたことがありません。なぜだろう? ずっと感じていた疑問でした。そしてこの疑問に対する1つの解答を用意したのが本書です。主人公は「人生を変えよう」として何かを始めるけど全部三日坊主に終わってしまうサラリーマン。しかし、ある日突然、彼の目の前にゾウの姿をした奇妙な生き物が現れます。「ガネーシャ」という名を持つ、インドからやってきたこの神様は、主人公の家にニートとして住みつき、ゲームをしては寝るだけ。たぶん、史上最悪のメンター(師匠)でしょう。しかし、ガネーシャはこう言います。今から自分が出す簡単な課題さえこなしていけば、お前は確実に成功する――。成功を願う普通のサラリーマンとぐうたら神様ガネーシャ。この二人が「成功するためにはどうしたらいいか?」「そもそも成功とは?」自己啓発書のメインテーマを、従来とは少し違った形(具体的に言うと、慢才です)で深めていきます

という著者の言葉を紹介しましたが、私はまさにこの主人公のサラリーマンにそっくり
というかこれは俺じゃん?っていうぐらい・・・

目標は高く、意識も高く、でも行動にうつせない
そんな自分を変えようと思って読み返した本です

この本に書いてあることは決して突拍子のあることは書かれていません

基本中の基本が書かれていますが、その基本ができていない。。。
その基本をコツコツ「行動にうつして」いけば、成功するはずです

本を読んだらそれだけで満足せず、実行にうつさないとダメだよね、と考えさせられる本です

本を読んだら誰しも意識は変わります
意識はかわったけど。。。という人に読んでもらいたい1冊です

まずは読んで見ようという思い
そして行動=読書、ですね

これを読んでから、私は毎日一つだけ実行しています

読書は集中、だと思っています
読書の専用機Kindleで読書に集中してみましょう

関連コンテンツ表示

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き