足の裏が痛くなる足底筋膜炎からの復活のキーワード 「焦らない」「サポーター」


足底筋膜炎になって早2ヶ月
ようやく痛みも少しずつ治まってきた
でも、ここが一番の耐えなきゃいけない時期です
どうも!@to_sky_blueです

足底筋膜炎は完治までに4ヶ月から人によっては2年ぐらいかかると言われています
私はなんとか4ヶ月で治したい

それは秋から冬ぐらいには、10キロ、ハーフマラソンを走りたいと思っているからです

完治とは、走っても、ジャンプしても痛みが全く痛まない状態のことを指します
じゃあ痛みがなくなるまで完全に休めばいいんじゃないの?
って思いますが、それが正しいとは限らないようです

オリンピックにでたこともあるマラソンランナーでも、完全休養して

というわけで、この時期に大切なことを真剣に考えてみた

急いでもゴールは変わらない

そう、これって何にでも当てはまる真理だと思います

足底筋膜炎で足の裏が痛いという状態の先にあるゴールは、痛みがなくなること 
私の場合はその先にあるマラソン大会にでて完走をすることを目指しています

焦っても「ゴール」は変わらないんです
ただ焦ることによって、ゴールまでの距離が変わっちゃうかもしれない
この場合は、治るまでの期間が延びて、マラソン大会で完走出来なくなっちゃいます

それだけは本当に嫌なので、上の言葉です
焦ってもゴールは変わらない、むしろ遠くなる

座右の銘にしたいぐらい(笑)

足底筋膜炎に掛かった人、再開はランニングじゃない、。話しはそれからだ

ほんとにそう

まあ、これを見て下さい

体重とランニングのシビアな関係 : NB Runners : New Balance Japanより引用:

ランニングの着地時には、片脚に体重の3~4倍の負荷がかかるといわれている。単純に計算すると、体重が50kgの人は、150~200kgもの負荷がかかっているということになる。もちろん一度ではない。足を地面につけるたびに、100kg超えの負荷がかかっているのだ

体重とランニングのシビアな関係 : NB Runners : New Balance Japanより引用:

着地時にかかる100kg超えの負荷は、一体カラダのどこにかかっているのだろうか。「ふくらはぎ」だろうか。 「ひざ」だろうか。 答えは、足の土踏まずや太ももの前の筋肉である。

これを見て、ランニングから再開しますか?

いやいや、ふつうの感覚ならしないでしょ 
だって足底筋膜炎が治りかけているのに、さらに負荷をかけるの?
バカなの?ってなっちゃいますよね

何事もスロースタートが大事です

まだこれぐらいなら許容範囲でしょう

1日540トンの負担が足にかかる!? / ボディメイクにつなげる人体解剖学入門より引用:

米国足病医協会の調べによると、ゆっくり歩くときでも足にかかる重さは、体重の1.2倍。60kgの人で一歩ごとに72kgの重さが足にかかります。

ウォーキングで足周りの筋肉を鍛え、それからランニングが鉄則ですね
焦ってもゴールは変わらない
急がば廻れ、ですね

足底筋膜炎からの復帰時に気をつける3つのこと

3つ揃えたらいいもの

  1. 自分にあった良い靴をはく
  2. 靴下などに気を配る
  3. インソールで患部をカバー

これさえ用意しておけば間違いない

使っていておすすめなのが靴はアシックス

いちばんオススメは自分の足を測って、足に合った靴を買うことですが、ある程度の金額以上のASICSとミズノの靴が間違いないですね
Nikeやadidasもいいですが、日本人の足に一番合っているランニングシューズを作っているのはASICSとミズノです

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

靴下もランニング用、しかも足の裏のアーチをサポートするものだとなおよしです

私はこれを使っていますが、靴擦れもせずウォーキングできています
土踏まずを持ち上げてくれるので、履くと足底筋膜炎の痛みがちょっと少なくなります

こういうスポーツタイツもいいですね
一着持っていますが、筋肉が正しい場所に落ち着くのでランニング/ウォーキング後の疲れ方が全然違います

そしてインソールを使って足底筋膜炎の痛みを少しでも軽減させる

足アーチを守り、ケガを予防。アスリート絶賛の機能性インソール【BMZインソール】



足底筋膜炎からの復活の鍵は焦らない心とサポーター

「焦らない心」+「」だけがゴールへの近道

というのをお分かりいただけたでしょうか

どちらか一方でも回復は遠のいてしまいます
一緒が大事です

こんな記事も書いています。ぜひ一緒にどうぞ

足の裏のかかとの前あたりが痛む それは足底筋膜炎かもしれません 痛みがあるところを持ち上げると楽になりました。

足底筋膜炎の痛みを少なくするためにインソールを変えてみた結果

足底筋膜炎の痛みはマッサージで和らげる 痛みがある周辺をマッサージがポイント

ランニング・ウォーキングを定期的にする人には、定期的なマッサージをおすすめする大きな理由 | to-sky-blue

足底筋膜炎で痛い人 ぜひ筋膜リリースを試してみよう。痛みから解放される感覚を味わって | to-sky-blue

かかとが痛い人向けの足底筋膜炎用のインソールを買ってみた結果、効果は絶大 | to-sky-blue

足底筋膜炎の痛みの治療法 インソールを使って痛みをやわらげることから始める | to-sky-blue

関連コンテンツ表示

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き