ランニング・ウォーキングを定期的にする人には、定期的なマッサージをおすすめする大きな理由

マッサージ


ランニングをすると日常生活ではない動きをするので 
体のどこかに痛みがでてくることが多いです
ふくらはぎ、アキレス腱、足の裏、かかと、アキレス腱の付け根 
もし、痛みがでてきたとしたら、できるだけ痛みを抑えたいですよね
どうも!@to_sky_blueです

ふくらはぎ、アキレス腱、足の裏、かかと、アキレス腱の付け根、これらは実際に私が経験した痛みです
あとはすね、膝、足首、太ももなんてところも痛みとしては多いですね

これらの痛みが出た場合、安静にするのが最優先です
でも、早く動きたい!っていう気持ちもありますよね

そういう場合はマッサージに行くことをおすすめします

、ウォーキングをする人は定期的なマッサージを受けることをおすすめします

ここでいうマッサージは、自分で行うセルフマッサージではなく施術を受けるマッサージの事です

このマッサージを受けに行くのは何がいいかというと、痛みがないけど痛みが隠れている場所を教えてくれるということ

あ、わかりにくいですね(^_^;
例をだすとこんな感じです
実際私が毎月2回行っているカイロプラクティックの先生から言われたことです 
肩こり、首こりが酷くて行った初回の診察のときです

肩こり、首こりの原因は肩周りの筋肉が原因の事も多いですが、実は違う事もあるんです
それは背中、腰、骨盤の位置、骨盤の左右の高さが関係していることもあります
骨盤の左右の高さが違うと、足の左右の長さが変わってきて、そのまま歩くと不自然な格好であるくことになりますが。
でも人はちゃんと歩こう歩こうとして、体に無理かけ自然に見えるように歩こうとします
例えば右足と左足で5センチぐらい高さが違うします 
右が左よりも高い時、腰と背中全体で左側の筋肉を伸ばし右側の筋肉を縮めてバランスをとろうとします
そうなると両方の筋肉が無理をして固くなります。 
固くなったらその上にある背中、肩周り、首回りの筋肉が充分に動かなくなるので、カチンカチンに固まって肩こり、首こりになり酷いときには吐き気が起きるぐらい苦しくなります

という事なんです

実際私は肩こりと首こりが酷くてそのカイロプラクティックに行ったわけですが、施術としては骨盤の左右の高さをあわせ足の長さを整え、腰、背中の筋肉を緩めて肩こり、首こりの痛みをとってくれました

もうね、肩こりと首こりなので「肩周りをマッサージしてくれ!」って思ったんですけど、施術が終わったら不思議なことに肩こり、首こりの痛みが無くなっていたんですね
ちなみに足の長さが5センチ違っていたのはホントの話しです

それからもうかれこれ3年間で月に2回は通っています

なんでランニング、ウォーキングの話しでこんなマッサージの話しをしたかというと、実は関係があるんですよ

足の長さが違ったまま走ると負荷がかかって、痛みが出やすいそうです

体の歪みによって痛みがでる

しばらく通っているカイロプラクティックに行けなかった時があったんですね
足の痛みが出たときは丁度そのころでした

今思えば、さっとカイロに行って体の歪みを治してもらえばよかったんですけどね
無理をして走っていたので悪化しちゃいました

後日診てもらうと、やっぱり骨盤が歪んでいて左右の高さ、前後がずれていたようです
そのまま走っていたから足底筋膜炎アキレス腱炎になったようです

施術をしてもらうと痛みが軽減されますし、こういう走り方や着地の仕方などを教えてくれますので、徐々にですが良くなってきています

根本治療ではなく対症療法ではあるんですが、痛みが強いときって、この痛みを消してくれって思うじゃないですか
この痛みって掛かった人じゃないとわからないんですが、ホントに痛い(涙)
しかも外科的な処置もなく湿布をはったりするだけで基本は自然治癒を待っているだけなんですね

でもその間にずっと痛みがあるわけなので、痛みを抑えたいってのが人情ですよ

というわけで、痛みを緩和させるって意味でマッサージをおすすめします

人によって合う合わないがありますので、一つの所じゃなくていろいろお店を試してみるのがいいかもですね

合ったお店を見つけたらしばらく通ってマッサージを受けてみる 
これ、ほんとにおすすめです

駅や路線、エリア、ジャンルなどから探せるので便利です 

そのまま予約もできるので、さくっとマッサージを受けたらスッキリしますよ!

マッサージ・リラクサロンを探すのはこちら

足の痛みについてこんな記事も書いています

足の裏のかかとの前あたりが痛む それは足底筋膜炎かもしれません 痛みがあるところを持ち上げると楽になりました。

足底筋膜炎の痛みを少なくするためにインソールを変えてみた結果
足底筋膜炎の痛みはマッサージで和らげる 痛みがある周辺をマッサージがポイント

関連コンテンツ表示

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き