ランニング・ウォーキングの前には必ずストレッチ。30秒以上のストレッチで怪我を防げます

ストレッチ


梅雨前のいい季節になりましたね
そろそろ夏に向けてランニングを始めるひとも多くなったんじゃないかなと思います
でもね、ここで経験者が語るランニングを始める前についてお話をしたいと思います
どうも!@to_sky_blueです

これからお話をすることは凄く大事なことです
え?そんなことと思われるかもしれませんが、ちゃんとしてみてくださいね

それはなにか? 
です

ランニング前に準備運動()は必ずしましょう

いや、そんなこと知っているよ
でも、していないな、ってひとはしっかり聞いて下さい

、ジョギング、ウォーキングをするときは、いきなり走ったりしていませんか?

走り始めてからすぐにトップスピード・・・ってひとはさすがに少ないと思いますが、これ危険です

ジョギングぐらいいいか、っていうのも危険です

これね、故障や怪我の原因になるんですよ

と、経験者の私が申しております

筋肉が暖まっていないなかで、体を動かすのはホントに危険です
私も去年、この準備運動(ストレッチ)をしなかったばっかりに、故障・痛み・怪我にいまだに悩まされています

そうならないために、どうしたらいいのか?

必ず準備運動(ストレッチ)をするんです

準備運動(ストレッチ)はかならず一動作 

この事は知り合いに言われたのもあり、ネットで調べてみると書いてありました。

ストレッチ1 ランニング前|アミノバリュー公式サイト|大塚製薬より引用:

シューズ、ウェアの準備はOK。いよいよ走りたくなってきましたが、走り出す前にカラダの準備を。ランニングは全身の様々な筋肉を使います。その筋肉がしっかりと動くようにストレッチをしておきましょう。ストレッチをする事で、怪我の防止や、疲労の軽減に繋がります。

(中略)

ストレッチを各15秒から30秒、走る前にするだけで、かなりカラダへの負担は少なくなります。

正しいストレッチをするため、「筋肉」の性質を理解するより引用:

伸ばす時間を10秒以上かけると、筋肉をさらに緩ませることができます。最も筋肉が伸びず、逆に縮んでしまうのは5~10秒程度です。

多くの人は5秒程度しか筋肉を伸ばしません。この方法であらゆる筋肉をストレッチすると、さらに体が固くなってしまいます。

(中略)
なお、30秒を超えると、より筋肉が伸びることはありません。それ以上伸ばし続けることは時間の無駄になってしまうので、どれだけ長くても30秒で止めるようにしましょう。

私もちゃんと準備運動をしていていたら、怪我がなかったのかもしれませんね

ランニングではなくウォーキングをしている2つの理由 体重75kg以上の人はウォーキングをおすすめします – to-sky-blue

上に書いた記事は、オーバーワークと体重と書いていますが、痛めた時期は準備運動せずに走っていたからなぁ

というわけで、今はちゃんと準備運動をしてからウォーキングをしています

ランニングをするときにはこれがいいと思います

今走るのにはいい季節です
ちゃんと準備運動をしてから、動き始めて下さいね
じゃないと私のように怪我をしてしまいます。。。

関連コンテンツ表示

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在関西に在住の41才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き