iPhone7は争奪戦? 発売当初は品薄状態が続くかも? 

IPhone 7 concept Hasan Kaymak USB type C 1

やっぱりそうだよね、という気持ちもありつつ
え、あまり変わらないんなら買い換える人はあまりいないんじゃないの?
って思ったりしますが、どうなるんでしょうね?
どうも!@to_sky_blueです

なんの話かっていうと、もちろんの話です
9月7日に発表は決定で、次の話題はいつ手に入れられるのかっていう話ですよね!

iPhone7は争奪戦になりそう

毎度の事ながら争奪戦になりそうですね

で、毎回品薄っていう話がでていますので、やはり今回も品薄なんでしょうね

発売当初はイノベーターやアーリーアダプターと呼ばれる人たちが購入に殺到します

マーケティング用語集 イノベーター理論 – J-marketing.net produced by JMR生活総合研究所より引用:

  • イノベーター(Innovators:革新者):
    冒険心にあふれ、新しいものを進んで採用する人。市場全体の2.5%。
  • アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者):
    流行に敏感で、情報収集を自ら行い、判断する人。他の消費層への影響力が大きく、オピニオンリーダーとも呼ばれる。市場全体の13.5%。
  • アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随者):
    比較的慎重派な人。平均より早くに新しいものを取り入れる。ブリッジピープルとも呼ばれる。市場全体の34.0%。
  • レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者):
    比較的懐疑的な人。周囲の大多数が試している場面を見てから同じ選択をする。フォロワーズとも呼ばれる。市場全体の34.0%。
  • ラガード(Laggards:遅滞者):
    最も保守的な人。流行や世の中の動きに関心が薄い。イノベーションが伝統になるまで採用しない。伝統主義者とも訳される。市場全体の16.0%
  • 私は完全にイノベーターですね

    もうiPhoneは終わり、もうiPhoneは売れないよ
    まだiPhoneなんてもっているの?
    Appleなんてジョブズが死んでから終わりでしょ?(←まだこんな人も少なからずいる。時代は変わったのに)

    っていうニュースもちらほらあるので、iPhone7を買う人が少なくればいいのに!って祈っていますが、上に書いたイノベーター・アーリー・マジョリティがいるので一定量はやはり売れるんですよね

    発売日に手に入れたいんだけど、どうなるのかな

    iPhone7はどれが狙い目なのか?

    iPhoneの買い方って、自分の好きな色、容量が少ない・多いで選ぶじゃないですか

    たいていの人はそうですよね

    でもね、好きな色のiPhone7を買う

    え?ケースつけたら同じですよね?

    って思うわけですよ

    私はどうiPhone7を選ぶのか?っていうと、「iPhone7を売るときに高く売れる」ことを基準に選びます

    私は1年おき、iPhoneが新しくなる度に機種変更しています
    (iPhone SEはスルー)

    ということは、1年おきにiPhone7を下取りに出していますので高く売れることが最も重要です

    いま私が使っているのiPhone6s Plusの色はローズゴールド
    iPhone7でもこのローズゴールドを選ぼうかなと思っています

    人気の色なので数千円の差かもしれませんが、少しでも高く売れた方がいいですからね

    容量はMAXを買う予定

    たぶん色については人気の色っていうアンケートもあるのでそれも参考にするつもり
    容量は「容量が足りない!」って事になりたくないので、いつもMAX容量を使っています

    iPhoneってリセールバリュー(買い取り価格)が高く安定しているので、1年ごとの買い換えがおすすめですよ!

    iPhone7は下取りしてもらって買い換えが一番お得!高く売って最新機種に買い換えよう! – to-sky-blue

    iPhone7の機種変更はオンラインショップが賢いという大きな2つの理由! – to-sky-blue

    あとはソフトバンクに残るか、格安SIMを使うのか
    うーん、なやむ
    通信料を安くしようかな・・・









    関連コンテンツ表示

    ABOUTこの記事をかいた人

    北海道出身で現在関西に在住の41才
    ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン
    ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く
    新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き