Amazonの年内サービスインは難しい? 

Amazon kindle fire


電子書籍周辺が騒がしくなってきましたね
どうも!@to_sky_blueです

楽天はkobo Touchをリリースして、ソニーもReaderのニューモデルをリリースしました。
(kobo Touchはいろいろ問題もあるようですが(^_^; ちょっと次あたりに記事を書こうかと)

そんな中、Amazonの年内サービス開始の雲行きが怪しくなってきましたよ(^_^;

どうやら「契約がうまくいっていないのでは?」
ということのようです

楽天もコンテンツ集めに苦労をしているみたいですし、ソニーやSHARPも相当苦労しているみたいですしね
やっぱりAmazonも?というのが実感です

やっぱり契約が難航か?

結局は「契約」なんでしょうね
でも、Amazonと契約をしたから紙書籍の売り上げって減るんでしょうか? 
経営を圧迫するほど売り上げ減?なのかな

もちろんAmazonは、海外と同じ契約形態で契約をしようと考えていると思うので、出版社側に不利な条件なんだろうなとは思います。
でも、在庫リスクを減らせるのと、ロングテールで物が売れていくのと、いわゆるビジネスアワー以外で売れると思うので、少なくとも今よりも売り上げはあがるのでは?

ぱっと思っただけなので、深いことは考えてませんが、印刷・流通のコストを考えると、そこそこじゃないのかなと思っています。

電子書籍が増えて、紙の書籍の売り上げがどれだけ減ったんだろう?
どっかにそんなデータはないかなぁ 
ちょっと探してみようと思います

楽しみに待っているサービスインが遅れると哀しいですな(T-T)

Amazon、日本での書籍集めに難航。「Kindle」の年内サービス開始は難しいとの見方も…

関連コンテンツ表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身で現在福岡に在住の44才 ギターを弾いていてアメリカに留学をしていたこともあるが、いまはしがないサラリーマン ライブに行くのが趣味で、ロック、ポップス、ジャズ、フュージョンなど幅広く見に行く 新し物好きで、ガジェットが好き、読書も好き